ad-300x100-sp





■服や小物、時計、雑貨など

ロレックスがバーゼル2018にて新モデル発表。GMTマスターⅡ、デイトナ、シードゥエラー等を画像・動画にて

| 小変更ながらも表情一新 |

ロレックスが2018年バーゼルワールドにて新作を大量公開。
このところロレックスは毎年バーゼルにて積極的にニューモデルを公開していますが、今回も大物が登場しています。
ダイアルやケースサイド、ラグなど小変更にとどまるモデルもありますが、それでも大きく印象が変わっているのは「さすがロレックス」。
この代わり映えしない、デザイン的制約のある形状の中でこれだけ表情を変えてくるのはロレックスにしかできない芸当だと思います。

これで基本モデルはほとんどモデルチェンジ完了?

ロレックスの腕時計は登場初期から基本的にデザインが変わっていないものの、それでも不動の人気を誇るのはその「完成度の高さ」ならでは。
変更の範囲は「ほんのちょっと」ですが、そのちょっとが実は「大きい」のでしょうね。

New Rolex GMT-Master II

GMTマスターⅡ(一番上の画像)は今回のバーセルフェアの目玉の一つ。
何と言ってもRef.126710BLRO(オイスタースチール製)にてジュビリーベルト(デイトジャストなどドレス系に使用される5連ブレスレット)が初めて採用されたのがトピック。
GMTマスターⅡはどうしてもエクスプローラーⅡやサブマリーナに比較して人気がいまひとつですが、これによって新たなファンを獲得できるかもしれませんね。
ベゼル(セラクロム)は赤青の通称「ペプシ」で、このカラーのGMTマスターⅡはぼくが初めて購入したロレックスでもあり、思い入れのあるモデルでもあります。

そして「ロレックス GMTマスターⅡ Ref.126715CHNR」はケースとベルトに18ct エバーローズゴールドを使用したモデルで、ベゼルはセラクロム製のブラック/ブラウン。

relex2

「ロレックス GMTマスターⅡ Ref.126711CHNR」はオイスタースティールとエバーローズゴールドとのコンビ(エバーローズロレゾール)モデル。
キャリバーはいずれも3285でパワーリザーブは70時間、ケース径は40ミリ。

rolex
製品ページはこちら

New ROLEX SEA-DWELLER DEEPSEA

rolex-deepsea2

ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.126660も先代からお菊変わったモデルの一つ。
ケースは44ミリ径で、ラグの形状が新しくなることでベルト(オイスターブレスレット)が幅広に。
バックルはセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプとなりますが、何と言っても見た目の大きな特徴は「ディープブルーからブラックへ」と変化するグラデーション”D-ブルーダイアル”。
2014年に発表された「ディープシー チャレンジ」探査プロジェクト記念モデルに装備されたもので、これが採用された意味は非常に大きい、と考えています。

rolex-deepsea

キャリバーは3235(パワーリザーブ70時間)、防水性能は驚異の3,900メートル。
製品ページはこちら



New Rolex Cosmograph Daytona

「ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.116595RBOW」のケースは18ct エバーローズゴールドで、ベゼルには36個のサファイア(バゲットカット)、しかもレインボカラーがセット。
ラグそしてリューズガードには56個のブリリアントカットダイヤモンドが埋め込まれ、アワーマーカー(インデックス)にも11個のバゲットカットサファイアが。

rolex-daytona

ロレックスというと質実剛健なイメージがあり、よってこういった宝飾時計は敬遠されがちですが、実のところ「これだけカラーの揃った貴石を揃えることができるのはロレックスしかない」とも言われ、その性能同様に宝飾時計としても世界トップレベルにある、と言われています。

rolex-daytona2

なおクロノグラフカウンターは「ピンクゴールドクリスタル」で、ロレックスがピンクゴールド合金結晶化の過程において製造した特殊素材とのこと。
正直「凄いなこれは」としか言いようのないモデルで、これを自分のものとして腕に巻くとどんな気分になるんだろうな、と考えたりします。

ケース径は40ミリ、キャリバーは4130(パワーリザーブ72時間)。
製品ページはこちら

New Rolex Datejust 36

定番とも言える「ロレックス デイトジャスト36 Ref.126233」。
GMTマスターⅡにジュビリーベルトが採用されたのと反対に、こちらはドレスウォッチでありながらスポーツモデルに装着される3連ブレスレットを装備。

rolex4

オイスタースチールと18ct エバーローズゴールドのコンビ(イエローロレゾール)、オイスタースチールと18ct イエローゴールドのコンビネーション(イエローロレゾール)がラインアップされますが、「イエローゴールド」は昨年よりロレックスが再び注目している素材でもあります。

rolex5

デイトジャストのコンビモデルは「一周回って」もう一度流行が来るとここ数年言われ続けていて、しかしなかなかにブレイクしないモデル。
欧米ではかなり人気があると言われるものの、日本では「ステンレススティールのスポーツモデルにあらずばロレックスにあらず」といった感じですね。
ケース系は36ミリ、キャリバーは3235(パワーリザーブ70時間)。
製品ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , , ,