>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

420馬力と言われるアウディ「RS Q4」プロトタイプがはじめて目撃。すでに高い完成度を持ち、間もなく発表か?

前後フェンダーはけっこうマッスル アウディは新型SUV「Q4」を発売する意向ですが、今回そのハイパフォーマンスモデル「RS Q4」のプロトタイプが目撃に。今回のスパイフォトを見ると、ヘッドライトやカモフラージュの下のボディカラー、ホイール等の完成度が「市販モデル」同等のレベルを持っているように感じられ、つまりは「いつでも発表できる状態」なのかもしれません。アウディRS Q4のプロトタイプが捕捉されたのは今回が「はじめて」ですが、間もなく発表されるということにもなりそうですね。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。 こちらも ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW X2を見てきた!細部に至るまで考え抜かれたデザインを持つスタイリッシュなSUV

投稿日:2018/04/13 更新日:

| 日本では”初”の展示 |

さて、初夏に発売予定となるBMW X2の先行展示イベントへ。
場所は大阪エキスポシティで、ここではジャガーE-PACE、スバルXVなど、これまでにも何度か新型車の先行展示が行われています。
ただ、問題なのは(週末だと)エキスポシティの駐車場に入るのに結構並ぶことが多く、簡単に見には行けないこと。
しかし今回は平日の展示ということで駐車場へと入れやすく、早速BMW X2をチェックしてきたわけです。








実車はロー&ワイド

展示してあるBMW X2を見た最初の印象は「とにかく低い」というもの。
ボディサイズは全長4360×全幅1824×全高1526ミリ。
クーペスタイルSUVとして知られるレンジローバー・イヴォークよりも13センチ低く、SUVとしては異例の低さを持っている、と言えそう。
なおBMW X1は全長4455×全幅1820×全高1610ミリなので、これより短く、そして低い、ということに。

x2-21

正直BMW X2のカッコ良さは予想外で、けっこう驚かされることに。
細かいところがこれまでのBMWとは全く異なりますが、たとえばドアミラーのステーもこんなかんじで「ロング」に。

これはドアミラーが外に出ることで視認性の確保に役立っていると思われ、加えて「より車体を広く」見せる効果もあると思われます。

x2-212

リアスポイラーのセンターには「段差」。
シャークフィンアンテナの形状も新しく、より「低い」ものへ。

x2-32

内装は外装に比べるとオーソドックス。
アンビエントランプが仕込まれます。

x2-27

ホイールは20インチ。
ホイールハウスとのクリアランスは小さく、タイヤもかなり「外まで」出ていてスタイリッシュ。
ホイール形状もシャープなデザインですね。

x2-26

BMW X2のデザインは細部までよく練られている

ぼくが注目したいのは、X1とは異なるこのフロントフードの開き方。
マツダがよく採用する手法ですが、フードの先部分を延長することでノーズが長く見え、キャビンがより「後ろに位置」するように見えることになりますが、これによってスポーツカーのようなルックスを再現できるわけですね(マツダCX-3に顕著)。

SUVはその性格上どうしてもキャビンを広く取る必要がありますが、そうなるとどうしてもフロントグラスが車体の前まで出てきてしまい、となるとボンネットが短くなって「ミニバンっぽい」ルックスに(フロントウインドウを相当に寝かせることができるほど車体に長さがあれば問題はない)。

それを解決するために各社とも頭を悩ませることになりますが、BMWは今回デザイン的解決策を見い出した、と言えそう。

x2-24

サイドの樹脂パーツのカラーは「アイスグレー」。
これが「後ろ上がり」になることで車全体をウェッジシェイプに見せることに成功しているようですね。

アイスグレーのクラディングはフロントバンパーからフロントフェンダー、サイド、リアフェンダー、リアバンパー、と車体を一周する形状。
サイドではボディ同色のロックガード風の加飾が付与され、これも車体を軽快に見せている部分だと思われます。

x2-22



さらにはリアクォーターウインドウも「後ろ上がり」。
これも車体を前傾姿勢に見せる要素の一つで、そして大きく「寝た」角度のリアウインドウ(天地が異常に低い!)も車をスタイリッシュに見せているようです。

Cピラーのプロペラマーク(BMWエンブレム)も新しく、厚みのあるテールゲートスポイラー、「出っ張りのない」リアバンパーも大きな特徴。
リアバンパーがポコっと出っ張るとこれまた急に所帯じみてくるわけですが、BMW X2は都市生活者、そして単身者や子供のいないカップルをターゲットとしていると言われ、そのぶん実用性よりも若々しいデザインを採用したのでしょうね。

ガソリン給油口のフラップも後部ドアのラインと揃った傾斜を持っていて、とにかく細かいところまで考え抜かれている、と感じます。

x2-16

このリアルポイラー形状とウインドウはかなり秀逸。

x2-14

テールパイプもかなり「頑張った」部分で、これまで「スパっとパイプを切り落としただけ」のマフラーエンドが多かったBMWではありますが、X2では出口内側にテーパーを設けるなど「美しい」仕上がりに。
リアバンパー下部も「アイスグレー」ですね。

x2-11

こうやってみると「ウェッジシェイプ」を持っていることが良くわかりますが、それはウインドウ、プレスライン、クラディングなど様々な要因が組み合わされた結果だということもわかり、BMWは本当にいい仕事をしたなあ、という印象。

x2-9

リアはウインドウ下端を上げることで視点を上げ、テールランプも上の方に移動させ、そして横長とすることでワイド感を出したのだと思われます(新型X4と同じ手法)。

アイスシルバーのパーツが効果的に使用され、ナンバープレートの位置が下にあることも「ヒップアップ」効果を演出している理由の一つかも。

x2-7

ヘッドライトは新デザイン。
内部構造にこだわるのはBMWの特徴ですが、相変わらず他社の追随を許さない仕上がりですね。

x2-3

 

BMW X1 とBMW X2とを比較してみよう

ここでX1とX2とを比較してみましょう。
現行X1は2015年の登場ですが、この時点ではX2の登場が念頭にあったと思われ、住み分けを考えてより室内空間が拡大されることに。
BMWのラインアップでは「奇数」「と「偶数」とでは差別化が図られて奇数ではより実用的、偶数ではデザイン重視、という感じですね。

x1

X2はこんな感じ。
グラスエリアが狭いことがわかりますが、これは非常に重要な要素で、たとえばランボルギーニは「ウルス」をデザインするにあたり、横から見たときに「ボディ:ガラス面積」を「2:1」にすることでスポーティーなルックスを実現した、と語っています。

x2

X1と比較するとX2では下記の傾向が見られ、これによって「クーペ風」の美しいスタイルを実現している、と考えられます。

・ノーズが長い
・フロントウインドウが寝ている
・サイドウインドウの天地が低い
・サイドウインドウが後ろにゆくにつれ、「上がって」いる
・リアウインドウが寝ていて、天地が低い
・総じてガラス面積が狭い
・Cピラーが太い
・サイドのクラディング(樹脂パーツ)のおかげでボディが「薄く」見える
・リアバンパーが出っ張っていない
・テールランプが薄く長く、「ワイド」に見える
・キャビンが総じて「後ろ寄り」に見える
・リアセクションのボリュームが大きい

グレードは4種類、価格は436万円から

なお展示車のグレードは「BMW X2 xDrive 20i M Sport X」。
2リッターターボエンジンを積み、トランスミッションは8AT、駆動方式はもちろん4WD。

この「MスポーツX」はBMWにとって新設されたグレードで、Mスポーツよりもさらに個性的、そしてアグレッシブな外観を持つことが特徴。
専用バンパーやアイスシルバーのクラディング、グロスブラックのパーツなどデザイン製の高い仕様となっています。

グレード展開と価格は下記の通り。

BMW X2 sDrive 18i・・・4,360,000円(1.5リッター3気筒ツインパワーターボ、140馬力、7速DCT)
BMW X2 xDrive 20i ・・・4,740,000円(2リッター4気筒ツインパワーターボ、192馬力、8速AT)
BMW X2 sDrive 18i M Sport X・・・4,810,000円(1.5リッター3気筒ツインパワーターボ、140馬力、7速DCT)
BMW X2 xDrive 20i M Sport X・・・5,150,000円(2リッター4気筒ツインパワーターボ、192馬力、8速AT)

他の画像はFacebookのアルバム「BMW X2」に保存中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.