ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

メルセデスAMGもモデル拡充。AMG GT R「クラブスポーツ」、「A35」について認める

2018/04/08

| メルセデスAMG GT R”クラブスポーツ”登場? |

メルセデスAMGが「AMG GT Rのさらにハードコアなモデルを登場させる可能性がある」、との報道。
すでにニュルブルクリンクでテストを行う姿が目撃されているようですが、これについてはメルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏が「現在のAMG GT Rはポルシェで言うと911GT3と911GT3RSとの中間くらい。現在テストしているモデルはそれよりもハード」としており、これはポルシェだと911GT3RSと911GT2RSとの間、ということになりそう。

出力は一気に630馬力の可能性も

さらにトビアス・メアース氏はこの「ハードなAMG GT R」について、レース用とまではゆかず、しかしサーキット走行をメインに考えた「クラブスポーツ」に相当すると表現しており、となると「ロールバー」装着などかなりスパルタンなロードカーとなる可能性も。

なお、この「ハードなAMG GT R」について「ブラックシリーズでは」との見方もあるようですが、トビアス・メアース氏自らが「ブラックシリーズの登場までにはあと数年(けっこう先)」と語っており、現在テストを行っていることを考えると、ブラックシリーズではなくAMG GT Rの「軽量かつ足回りとダウンフォース強化版」と考えるのが妥当かもしれませんね。

AMG GT Rは577馬力を発生するモンスターマシンですが、現在AMGのラインナップだとE63など「612馬力」を発生するクルマも多く、これらの0-100キロ加速もAMG GT Rより速い数字となっています。
もちろんAMG GT Rのほうがずっと軽量で、実際にサーキットを走れば圧倒的にAMG GT Rのほうが速いはずで、スポーツカーとは数字のみで語られるべきではないものの、やはり「数字の持つ重み」も重要な要素。

よってこの「AMG GT Rクラブスポーツ(?)」は600馬力を超える出力が与えられる可能性が高く、AMG GT 4ドアクーペ同様、630馬力に達する可能性も。

メルセデスAMG A45は400馬力オーバー

さらにトビアス・メアース氏は新型AクラスのAMG版、A45についても触れており、こちらは「400馬力を超える(現行モデルは381馬力)」と発言。
エンジンは2リッター4気筒ですが、排気量あたりの出力が100馬力を超えることになり、相当なハイチューンということに。
ライバルとしてはアウディRS3ですが、こちらは367馬力にとどまるため、やはりメルセデスA45の優位は揺るがなさそう。

さらにはウワサされていた新グレード「A35」の登場についても示唆し(A45の価格が高くなりすぎるので、その対策?)、こちらは300馬力オーバーに設定され、そのかわり求めやすい価格となるようですね。
A35のライバルとなりそうなのはフォード・フォーカスRS、フォルクスワーゲン・ゴルフRが予想され、ゴルフRは現行モデルで310馬力なので、A35と「いい勝負」といった感じです。※価格はもちろんA35のほうがずっと高くなりそう

あわせて読みたい、関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,