ad-728





>マセラティ(Maserati) ■外国ネタ・旅行など

やはり中国人はピンク大好き。2000万円のマセラティ・ギブリをピンクにラッピング

2018/04/19

| やはり中国人はピンク大好きだった |

中国にて、ピンクのマセラティ・ギブリが目撃に。
おそらくはラッピングだと思われますが、フロントやリア、Cピラーのエンブレム類を一旦外してラッピングし、その後にまた取り付けてあるようですね。

なおマセラティは中国では非常に人気のあるブランドで、かつそのオーナーの37%が女性と言われます。
この数字は他の国に比べて非常に高く、「中国で人気」というよりは「中国人女性に人気」だということに。

この「女性比率の高さ」はほかのハイパフォーマンスカーでも同様ですが、この理由には2つの側面があり、ひとつは中国には女性実業家、つまり地力で財を成す女性が多いということ。
そしてもう一つが中国人男性(富裕層)が愛人へとクルマを買い与えるケース。
これらによって、中国では「スポーツカーやハイパフォーマンスカー、プレミアムカーには女性オーナーが多い」と言われていて、それが「ピンク」へと繋がっているのでしょうね。

インテリアはファンシーそのもの

なお、なぜ中国でピンクが人気なのかは謎。
しかもこういった「ベイビーピンク」が人気のようです。
たしかに中国人観光客を見てもピンクの服を着ている女性は多く、とにかくピンク好きなのはよくわかった、という感じですね。

こういった、「プレミアムカーをもブランドのレガシーを無視してピンクにしてしまう」という行為については、「自分の好みに合わせた仕様」とすることで自己満足や、自己顕示欲を満たしているということなのかもしれません。

maserati (5)

インテリアについては「ゴージャス」路線で、スマートフォンホルダー、灰皿などに「スワロフスキー」。
インテリアカラーはおそらくブラックと明るいブラウンのコンビと思われ、クッションや、ルームミラーから何かをぶら下げていることもわかります。

内装には相当に小物が見られますが、一方で外装はラッピング以外は比較的シンプル。
内装同様、スワロフスキーをエンブレム類に用いても良さそうですね。

maserati (4)

ティッシュケースもゴージャス。
そしてダッシュボードのセンターにもスワロフスキー(白鳥?)。
日本ではこういったクルマを見かけることはなくなりましたが、かつては同じように「ファンシー」なクルマも多く見られたと記憶しています。

maserati (3)

リアトレイにはぬいぐるみ。
日本でもリアにぬいぐるみを並べる(7人の小人が人気だったように思う)のが流行りましたね。

maserati (1)

 

なおマセラティ・ギブリの中国における販売価格は(関税等がかかるので)1800-2000万円くらい、とのこと。
しかもエンジンは中国専用に「V6」にダウンサイジングされているそうです。

 

あわせて読みたいピンクのクルマ関連投稿

VIA:CARNEWSCHINA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マセラティ(Maserati), ■外国ネタ・旅行など
-, , , , ,