>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開

投稿日:2018/04/10 更新日:

| 実際にミウラが蘇る日は来る? |

CGデザイナー、Marco van Overbeeke氏の考えた「ランボルギーニ・ミウラ」後継。
オリジナルのミウラにランボルギーニ最新のデザインを盛り込んでおり、現代風のデザインとなっていますね。
なお、ミウラの登場は1966年で、設計はパオロ・スタンツァーニ、デザインはマルチェロ・ガンディーニ。
初の大排気量ミドシップスポーツカーとしても知られ、その美しいデザインは今なお色褪せぬ輝きを持っています。

過去のデザインを現代風に

今回の「ミウラ」についてはその優雅なボディライン、Cピラー形状、リアのルーバー、ホイール、上下分割式のカラーなどにオリジナルの面影が見られますね。

miura (2)

ミウラはカウンタックと並んでランボルギーニのアイコンの一つでもあり、そのためランボルギーニは自社にてミウラをモチーフにしたアパレルの展開を行ったり、ウラカンにそのデザインを反映させたり(サイドステップやリアのルーバーなど)といった現状が見られますが、実際にミウラの後継モデルについては具体的な話はなく、そして多くのファンが「後継モデル」については気にしているところ。

なお、前フォルクスワーゲン・アウディグループのチーフデザイナー、ワルター・デ・シルヴァ氏が着任した際、ミウラを現代風に解釈した「ミウラ・コンセプト」が発表され、その際は「ついにミウラ後継が発売か?」と言われたものの、その後は市販化に向けた動きがない状態。

↓こちらがランボルギーニ・ミュージムに展示されるミウラ・コンセプト。来場者には一番人気だった

lamborghini

しかしランボルギーニはミウラ後継について常に検討対象とはなっているようで、これまでも「現在のエクストリームなデザインとは異なる、優雅なデザインをもつ”ミウラのような”モデルも必要」と発言したり、実際にハイブリッドシステムを持つコンセプトカー「アステリオン」ではミウラ風のデザインを採用するなど、ミウラ復活についてはなにかを考えているのだろう、と思わせる部分も。

ただ、ミウラ復活となったとしても、セグメントとしては「スーパースポーツ」に位置することになり、しかしランボルギーニとしてはウルス=SUV、エストーケ=サルーンといった、「現状のラインナップとは競合しない」カテゴリの拡充が先だと思われ、スーパースポーツの投入は「優先順位としては高くない」のかもしれませんね。

なお、ランボルギーニは「その名称を使用するのはその一世代のみ」なので、仮にミウラのデザインが復活したとしても「ミウラ」を名乗らない可能性が高そうです。

あわせて読みたい、ミウラ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニのコンセプトカー等, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.