ad-728





>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニ・ウラカンのカスタム定期チェック。さり気なく「純正風カスタム」増加中

| 中にはウケ狙い、ネットビジネスの勧誘も |

さて、ネット上でのカスタムされたランボルギーニ・ウラカン定期チェック。
カスタムにもけっこうトレンドがあるようで、どこかがエアロパーツを出すとそれを装着した個体が増え、純正エアロキットが登場したときにも同様の現象が。
ただ、最近はそういった「物理的な付加物」を取り付けるよりもラッピングで差異を出す、という手法が最近のメインのようで、たしかにそのほうが「張替え」もできるため、気分を簡単に変えることもできそうですね。

上の画像はロサンゼルスのオーナーのウラカンと思われ、以前に泥の中をウラカンでドリフトして大変なこと(アンダーパネルの中にまで泥が入って取れない)になった個体。
こういった感じで「単にウケを狙う」画像も多く、とくにスーパーカーは「札束」と一緒にアップされていることも多いようです(そういった生活に憧れる人を吸引するための、何らかのネットビジネスの勧誘なのかもしれない)。

どんなものがある?ランボルギーニ・ウラカンのカスタム

こちらは正統派とも言えるウラカン・ペルフォルマンテ。
純正状態に加え、レッドのピンストライプをフロント~サイド~リアディフューザー+リアウイング(とドアミラー)に貼り付け。
ブレーキキャリパーやセンターロックホイールのボルトもレッドなので相性がよく、「純正のまま」と言ってもわからないほど。

huracan11

こちらはエンジンルーム内のクロスバーをペイント。
アヴェンタドールではこの部分に「カーボン」を使用したオプションがありますが、ウラカンでは設定なし。
なお、エンジンルーム内のカバーは画像のような「カーボン柄」とランボルギーニが特許を持つ「フォージドコンポジット(大理石のような柄)」との二種類がランボルギーニ純正オプションにて設定されます。

huracan1

こちらはウラカン・スーパートロフェオEvo」風のラッピング(その奥にある、シャークマウス風ラッピングのクルマもインパクト大ですが)。

huracan10

こちらはリアディフューザーをボディカラー同色にペイント。
ときどきこのカスタムが見られ、ずいぶん雰囲気が変わって面白いと思います。
エンジンフードは珍しく「純正のルーバー形状」。

huracan2

おなじみトロン風ラッピング。
ブラックにホワイトというのは斬新で、ドアミラーにはイタリアンフラッグつき。
この部分にイタリアントリコローレを配置するカスタムもときどき見られ、「一度やってみたい」とは考えています。

huracan5

こちらもイタリアントリコローレですが、さり気なくフロントフード上に。
このカラーリングは「新しい」と思います。

huracan8

こちらはおなじみYasidDESIGNによる、ウラカンの「サファリ風」レンダリング。

huracan6



ここからは番外編

こちらはマクラーレン、フェラーリ、ポルシェのキー。
マクラーレンやポルシェについてはキーを「ボディカラー同色」にペイントするオプションがありますが、フェラーリで「ボディカラー同色」なのは初見。
オプションで対応可能なのか、アフターマーケットでのペイントなのかは不明ですが、満足感が高そうなカスタムですね。
なお、マクラーレン675LTのキーは「カーボン柄」で、これもはじめて見ました。

huracan7

こちらはBMW M4?のシートバック。
各メーカーのバケットシートはこんな感じでバックが樹脂もしくはカーボンが採用されている場合が多く、ここをペイントしたり、なんらかのグラフィックを入れる、というのも(目立ちませんが)オーナーにとっての満足度は高そうです。

huracan9

あわせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンのカスタム関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , ,