ad-728





>スバル(SUBARU)

スバルは新型フォレスターに「STI」を設定する?レンダリングが公開に

| スバルは新型フォレスターに”STIバージョン”を設定する?

スバルは新型フォレスターを発表したばかりですが、今回はおなじみX-TOMI DESIGNがその新型フォレスター「STI」をレンダリングにて作成し公開。
ボディカラーはもちろんWRブルーパール、車高は落とされホイールは大径に、そしてブレーキはブレンボに。
もちろんエアロパッケージも過激なものへと変更されてチェリーレッドのアクセントも付加されています。

レンダリングのルックスはなかなかに魅力的

なお新型フォレスターはホイールベースが延長され、エンジンもパワーアップ。
プラットフォームはインプレッサと同じく「スバル・グローバル・プラットフォーム」を採用しており高いポテンシャルを持っていると思われます。

STIはスバルのレース部門という位置づけで1984年に誕生。
その後もラリーへの参戦やコンプリートカー(最近だとS208)の製作、パフォーマンスパーツの制作を手がけており、トヨタの「TOM'S(今後はGRに?)」、日産だと「NISMO」のようなもの。
ネット上では不名誉な「キモオタブルー」とも称される、しかし美しいWRブルーパールがイメージカラーとなっています。

なお、(新型ではなく)現行フォレスター向けとしてもタワーバーなど補強パーツ、サスペンション系(スプリング/ダンパー)、ホイール、マフラー、ブレーキパッドなどのパフォーマンスパーツを提供中。
過去にも2.5リッターターボエンジン+6速マニュアル・トランスミッションを搭載した「フォレスターSTi Version」を発表していますね。

そのため新型フォレスターにおいてもSTIバージョン発売の「可能性はゼロではない」と考えられるものの、現在スバルはSTIについて「かなりスパルタンでマニアック」な方向へとシフトさせており、フォレスターにSTIバージョンを設定する可能性はけっこう低そう。

新型フォレスターについては「スポーツ」なるグレードが存在しますが、こちらは運動性能向上というよりはアクティブな外観への変更を主眼に置いたモデルのようで、STIとはずいぶん性格が異なるようですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->スバル(SUBARU)
-, , ,