ad-728





>フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI)

この発想はなかった。ブガッティ限定モデル風のラッピングが施されたフェラーリ・カリフォルニア

| いったいなぜ?L'Or Blanc風グラフィックのカリフォルニア |

スペインはマルベリヤで目撃されたフェラーリ・カリフォルニア。
ただし普通のカリフォルニアとは一線を画しており、というのもブガッティ・ヴェイロンのワンオフモデル、「L'Or Blanc」風のラッピングが施されているため。
L'Or Blancはヴェイロンのオープンモデルである「グランスポーツ」をベースにしてカスタムペイントを施したもので、存在するのは一台のみ。

かなり忠実にデザインを再現?

「Or」は金、「Blanc」はホワイト、つまり「ホワイトゴールド」を意味しますが、これはベルリン王立磁器製陶所=KPMとのコラボモデル。
外装は光を反射する陶器風、内装においてもベルリン王立磁器製陶所がデザインに参加した特別モデルで、ブガッティいわく、内外装に陶磁器をモチーフとしたデザインを採り入れるのは「世界初」。
なお、これのレッド版、「L'Or Rouge」も存在しますね(Rougeはレッドの意)。

ferrari-california (1)

画像を見るに、ブルー部分はブガッティ・ヴェイロン・グランスポーツL'Or Blancより若干明るいようで、これはおそらくこのフェラーリ・カリフォルニアの(もともとの)ボディカラーなのだと思われます。

加えてホワイト部分もカリフォルニアのボディに合わせてアレンジを加えており、フロントサイドウインカー部分など「逃げ」を作っているのは秀逸。

おそらく相当にコストが掛かったと思われますが、このオーナーさんはどうしてもL'Or Blancのカラーリングを自分のクルマ上に再現したかったのでしょうね。

ferrari-california (3)

ブガッティ・ヴェイロン・グランスポーツL'Or Blancはこんなクルマ

こちらがブガッティ・ヴェイロン・グランスポーツL'Or Blanc。

bugatticeramicveyron01

このクルマが発表されたときはまさに衝撃そのもので、「一体どういった発想をすればこういったクルマができるのか」と思ったほど。

bugatti

陶磁器をクルマに反映させるのは「世界初」だとしていますが、おそらく今後もまず出てこないであろうモチーフなのかもしれません。

csm_Bugatti-Veyron-LOr-Blanc

VIA:Autogespot

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ(Ferrari), >ブガッティ(BUGATTI)
-, , , , , ,