ad-728





■食べ物や飲み物など ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

休暇村紀州加太へ行ってきた!和歌山の食材が魅力なるもスーパーカーにはちょっとキツい道のりだ

2018/06/05

| スーパーカーにはちょっとハードな道のり |

今日は和歌山にある休暇村紀州加太(きしゅうかだ)へ。
ちょっとした会合があり呼ばれて行ったわけですが、なかなかに景色の優れるいいロケーションですね。
ホテル、温泉、レストラン、プール、キャンプ場、スパなどが集まる複合レジャー施設で、温泉が「インフニティ風呂」仕様となっており、夕焼けを見ながら入れる(夕焼けの時間帯は宿泊者のみしか入れませんが)ことでも有名。

とりあえず目的は和歌山の食材

今回の目的は「オーシャンダイニング 紀伊の国」。
和歌山の食材を使用した料理が有名なレストランで、かなり人気があるようですね(昼食時だと予約していなければ入れないほど)。

さっそく料理の方ですが、いただいたのは「KUMANOランチ」というセットで、まずは前菜の熊野牛ローストビーフ、モッツァレラチーズ、レモンオリーブオイル・ハーブ岩塩。

IMG_2994

これは米粉スープ(まずらしい味で美味しかった)。

IMG_2995

熊野牛赤ワイン煮。

IMG_2996

熊野牛ミニハンバーグおろしポン酢ソース。
牛ばかりなので写真写りが今ひとつなのはご勘弁。

IMG_3004

いっしょに出てきたパン。

IMG_2998

メインの熊野牛レアかつ。

IMG_2997

このレアかつはコンロで好きな塩梅に自分で「焼いて」食べるという、ちょっと珍しいもの(カツを焼くのは初めての経験)。
焼いた後は白醤油、岩塩、わさび、みかん塩などをつけていただきます。

IMG_3001

こちらはデザート。
フルーツにミルフィーユ、そして生クリーム。
これにコーヒーもついてきますが、全体的に相当なボリュームがあり、まず味にも量にも満足できる内容ですね。

ただし見ての通り「味メインで写真写りは二の次」の料理が多く、インスタ女子にとってはちょっと不満が残るメニューかも。

IMG_3006

休暇村紀州加太はこんなところ

和歌山県の海の近くというロケーションですが、「山の上」にあるので見晴らしは抜群。
ただし途中の道は結構細いところがあり、一部舗装があまり良くない部分や、「うねり」のきつい坂道も見られます。
よって幅の広い車、車高の低い車、そしてナーバスなトランスミッション(具体的にはシングルクラッチ)を持つ車ではゆかないほうがベター。

IMG_2991

施設の駐車場自体はちゃんと舗装されたスペースが65台分用意されており、車を停めるには問題はなく、コンパクトなスポーツカーだとワインディングを楽しみながら訪れることができるかもしれません。

なお、バイクのツーリングコースの中に組み入れられることが多いのか、往路、復路ともにバイクの一団と何度かすれ違っています(途中に行くつか道の駅もある)。

施設内には売店もあり、和歌山の特産品が販売されているのでお土産を買って帰れるのもいいですね。

休暇村紀州加太
〒640-0102和歌山市深山483
Tel.073-459-0321

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■食べ物や飲み物など, ■外国ネタ・旅行など, ■ニュース
-, , , , ,