>パガーニ(PAGANI)

パガーニ・ウアイラが予定台数に達し生産終了。最後の一台はハミルトンのF1マシン風

投稿日:2018/04/20 更新日:

| パガーニ・ウアイラがついに生産終了 |

パガーニが予定していたウアイラの生産台数「100」台を迎え、ついに最後の一台がラインオフ。
ウアイラの発表はおよそ7年前です、今回めでたくそれを消化した、ということなりますね。
パガーニ自体は年間の販売台数などを公開していないので正確な数字は不明ではあるものの、昨年だとおよそ「40台弱」だと言われており、これにはウアイラに加えてゾンダ、ウアイラ・ロードスターも含まれることに。

内外装はルイス・ハミルトンのF1マシンをイメージ

今回の「100台目」は”L’Ultimo”と命名され、アメリカのエキゾチックディーラー、プレステージ・インポーツのCEO、ブレット・デイビッド氏がオーダーしたもの。

the-final-pagani-huayra-coupe (1)

内外装ともにルイス・ハミルトンがチャンピオンシップを獲得したF1マシンをイメージしており(ルイス・ハミルトン自身もパガーニのオーナー)、完成に要した期間は8ヶ月。
エンジンはもちろんメルセデスAMG由来のV12、出力は720馬力というスペックです。

the-final-pagani-huayra-coupe (4)

インテリアはもちろんカーボンだらけ、そしてグリーンのアクセントにホワイトのシート。
マットにもステッチが入るスペシャルな仕様ですね。

なおイルミネーションの発光色は自由に選べるようで、この車両では「イエロー(他の発光色を持つ個体もある)。

the-final-pagani-huayra-coupe (3)

そのオプション価格数百万円と報じられたスピーカーも装着済み。

the-final-pagani-huayra-coupe (2)

外装はより強くF1マシンをイメージしたカラーリングですね。
今回公開された画像はCGではありますが、実際はよりメルセデスAMGのF1マシンに近いメタリックな輝きをもつ塗装になると思われます。

あわせて読みたい、パガーニ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->パガーニ(PAGANI)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.