ad-728





>ポルシェ911関連 ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェの2018年第1四半期は記録的スタート。当然中国はNo.1、日本の存在感は空気に

| ポルシェは2018年も記録づくめでスタート |

ポルシェが第1四半期において「過去最高」の販売台数を達成、と発表。
ワールドワイドでは63,500台(前年比6%増加)となり、もっとも伸びた国は米国(10%増、14,000台)、もっとも伸びたモデルはパナメーラ(200%増)。
そして既報の通りパナメーラ販売のうち60%がプラグインハイブリッド、とのこと。

やはり中国はポルシェにとっても最大市場

ポルシェは2017年でも年間通じて過去最高の販売を記録しており、前年比10%増の246,375台を販売。
ここ数年では計画を「前倒し」するほどの勢いですが、その原動力は「中国」と「マカン」。
今回の第1四半期においても中国は世界最大の市場隣、その販売台数は18,600台(3%増)。
米国の14,000台より33%も多い数字であり、圧倒的な強さを見せています。

なおフォルクスワーゲングループ全体でもこの傾向は変わらず、よってフォルクスワーゲングループは販売地域の再編においても中国を「単独の」重要市場に掲げるなど中国重視の姿勢を強めていますね。

なお、マカンは23,000台を販売し第1四半期における占有率は36%。
これにカイエンを足すとSUV比率は過半数を超えそう。
ちなみに911は前年比35%増の9,600台(構成比15%)を販売しており、しかし急激に販売が伸びた理由は「ナゾ」。
そしておそらく718シリーズは比率としてかなり小さく、ずいぶん販売構成比も変わってきたなあ、という感じです。

2018年第1四半期(2018/1-3)における各市場の販売状況は下記の通り。
ちなみに日本の同時期におけるポルシェの販売台数は2,001台。
かつて日本はポルシェにとって重要市場のひとつでしたが、今では完全に「その他」という感じ。
販売自体は伸びていないわけではなく、しかし他の国の伸びに対して伸びが小さく、相対的にシェアが縮小している状態だと言えます。

ワールドワイド:63,478台(前年比+6%)
ヨーロッパ:20,601台(前年比+8%)
ドイツ:7,724台(前年比+8%)
米国:13,954台(前年比+10%)
アジア大洋州、アフリカ および中東:26,279台(前年比+3%)
中国:18,672台(前年比+3%)

ポルシェ発行のプレスリリースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連, ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >ポルシェ・マカン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , ,