ad-728





>中国/香港/台湾の自動車メーカー

なかなかやりおる!中国からビット絵モチーフ、ピコピコ音が聞こえてきそうなSUVが出た!

| どこでこんな腕の立つデザイナーを拾ってきたのか |

ボルボとロータスの親会社、そしてメルセデス・ベンツの筆頭株主が率いる吉利自動車がなんともおもしろいコンセプトカー”Geely Concept Icon SUV”を発表。
現時点でパワートレーンについての言及はなく、しかしボルボXC40と同じ「CMAプラットフォーム」を採用している、とだけ報じられています。
吉利自動車のデザインチーフ、Guy Burgoyne氏(名前からするとフランス人?)が語ったところでは「通常のクロスオーバーとはやや異なる視点でデザインを行い、8ビットアーキテクチャにヒントを得て、ブロックっぽい、平坦なデザインにした」とのこと。

発売の可能性は高い?

正直言ってホンダ・エレメントやトヨタFJクルーザー、トヨタbBオープンデッキを愛するぼくからすると「好みドンズバ」で、非常に魅力的なモデル。

インテリアにおいてもファブリックを多用した「今っぽい」デザインとなるものの、やはり直線を多用したデザインとなっています。
ステアリングホイール、シフトレバー、ドアインナーハンドルなどはコンセプトカーらしからぬ「現実性」を持っており、もしかすると本当に発売する気かもしれない、と思ったり。

geely-concept-icon-suv (4)

ステアリングホイールにはさり気なく吉利汽車(Geely)のエンブレム。

geely-concept-icon-suv (3)

ルーフは広大なシースルー。
これはさすがに市販されたとしても採用が見送られそう。

geely-concept-icon-suv (2)

イカス!ピコピコという電子音が聞こえてきそうだ!

geely-concept-icon-suv (1)

シートは今流行りの「フローティング」。

geely-concept-icon-suv (5)

中国というと「パクリ」が有名ですが、中にはこういった素晴らしいデザインを持つクルマもチラホラ。
しかしそういったクルマを発表するメーカー「全体」のラインナップを見たとしてもなかなか統一性や独自性は見られず、こういったところは「やはりブランドの構築には時間(歴史が必要だ)」と感じる部分ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,