ad-728





>スウェーデンの自動車メーカー >日産/インフィニティ(Infinity)

【動画】イギリスでは空港を使用した最高速チャレンジイベントが開催されている!ケーニグセグが377km/hを記録

2018/05/03

| ケーニグセグ独壇場の最高速挑戦イベント、VMax200 |

イギリスにて開催のドレッグレースイベント「VMAX200」。
空港の滑走路を使用し、ハイパフォーマンスカーの加速と速度を競うものですが、ふだんこういった機会はなかなかなく、そのために多くのスーパーカー/ハイパーカーオーナーが参加し盛り上がるようですね。

アマチュアドライバーが時速377キロを記録

このVMax200ではケーニグセグ各モデルが(このイベントでの)最速記録を更新するのが通例となっており、昨年にはケーニグセグ・アゲーラRSNが最速記録を更新。
今年においてはアゲーラRS(の一番最後に製造された個体)が時速377キロを記録していますが、これはアマチュアドライバーにしてはかなり高い数字。

ちなみに今回の「VMax200」イベントでは日産キャシュカイ(先代モデルはデュアリスとして日本でも販売された)が時速382キロを記録し、今回のケーニグセグ・アゲーラRSを抑えて「トップ」を記録するという”珍事”も発生しています。

これまでのVMax200における最高速度記録はケーニーグセグOne:1によって達成されたものだそうですが、こちらはLMP1クラスに参戦経験のあるレーシングドライバー、オリバー・ウエブ選手が記録した時速389キロ。
今回の時速377キロはこれにかなり近い数字であり、相当に高い数字であることもわかりますね。

直線での速度勝負というと「アクセルを踏むだけ」と思われがちですが、こういった超ハイパワーな車を滑走路という狭い範囲でまっすぐ走らせるのはけっこう難しく、一度だけアメリカ(テキサス)でこういったイベントに呼ばれて記録に挑戦したことがあるものの、ぼくは二本走って一本目はコースアウト、二本目はさっぱり記録を出せず。
それでもアドレナリンは過剰に出ていたようで、その夜は全く眠れなかったことを思い出します。

なお、このイベントに限らず、現在の際速度記録は下記のとおり。
現時点では「シロン」がこれに挑戦していないので(タイヤがシロンのパフォーマンスに耐えることができない)、シロンはここには入っていない状態です。

1位 ケーニグセグ・アゲーラRS 時速446キロ
2位 ヘネシー・ヴェノムGT 時速435キロ
3位 ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ 時速432キロ
4位 SSCアルティメット・エアロ 時速412キロ
5位 ブガッティ・ヴェイロン 時速408キロ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->スウェーデンの自動車メーカー, >日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , , , ,