ad-728





>その他ポルシェ関連/ニュース

世界に6台!ビンゴスポーツにて発売当時「世界でもっとも高価」だったシュパンポルシェ962CRが販売中

2018/05/08

| 発売当時、世界で最も高価な車だったシュパンポルシェ962C |

ビンゴスポーツにて、なんと「シュパンポルシェ(Schuppan Porsche)962CR」が販売中。
これまでもビンゴスポーツはランボルギーニ・ミウラ・イオタSVR、フェラーリ348LMといった非常に稀少な(そしてまずお目にかかることはないであろう)クルマを販売していますが、まさかシュパンポルシェとは!という驚きを隠しきれない状態です。

外装イエロー、内装ゴールド

ビンゴスポーツに記載の説明を要約すると下記の通り。

1994年式 ポルシェ シュパン 962CR
・グループCカーベースのロードカー
・フルカーボンボディ
・世界6台生産
・ゴールド/イエローの内外装色

シュパンポルシェ(正式名称はポルシェ シュパン962C)はル・マンで活躍した956/962Cを公道仕様へとコンバートしたもの。
バブル真っ盛りの頃に日本企業がポルシェのワークス撤退に伴い活動の場を日本へと移していた元ポルシェのワークスドライバー、バーン・シュパン氏(956を駆って実際にル・マンを制したことがある)へと「公道仕様の962Cを作って」という無茶なオーダーを行ったのがそのはじまり。
しかしその直後にバブルが崩壊してしまい、そのオーダーは流れ、その後アート・コーポレーションがこれを引き継いで販売するも、あまりの価格の高さに販売台数はわずか(世界で)6台にとどまった、という悲運のクルマでもあります。

porsche-962 (5)

今回販売される個体は1997年登録。
(ビンゴスポーツに来る)前のオーナーの手に渡ったのは2007年で、その時のボディカラーはシルバー。
これを外装イエロー、内装ゴールドという、中東の王族を思わせるゴージャスな仕様へとレストアと同時に変更されたようですね。

porsche-962 (4)

新車時の価格ば約二億円で、当時日本ではもちろん、世界でも「もっとも高価」なスポーツカー。
デザインイメージはポルシェ959を踏襲しており、それはフロント、リアともにその面影を感じることができますね。

porsche-962 (3)

全幅は1990ミリと幅の広い車ですが、もとがレーシングカーであるために「重心を中心に」集めていて、そのため室内は極小。

porsche-962 (2)



シュパンポルシェのエンジンは3.3リッター空冷ターボ、600馬力。
最高速度は時速370キロ、とされています。

ちなみにカウルは(レーシングカーなので)本来取り外し式ですが、この車両はメンテナンス性を考慮してヒンジを装着し「開閉式」に。
3点式油圧ジャッキ、キルスイッチも装備しており、まさにレーシングカーそのものといった感じですね。

porsche-962 (1)

サスペンションはダブルウィッシュボーン。
サスペンションはインボード式でスタビライザーは調整式となり、もちろんセッティングは公道向け。

インテリアは豪華そのもので、厚みのあるクッションとレザー(70-80年代のイタリア車っぽい)で覆われ、シートベルトもレザー同色のゴールド。

もともとエアコンレスですが、後付けにてエアコン、そしてカーナビ、ETC、リヤビューカメラといった快適装備も取り付けられています。

porsche-962 (9)

シート左右は接近というか接触している距離。
サイドシルは異常にぶっとく、ドアを開けていったんこのカーボン製サイドシルをステップにしてシートに乗り込むしかなさそう(ビンゴスポーツによれば、ためらうことなくシートを踏みつけて乗り込むしかない、とのこと)。

もともとシングルシーターのレーシングカーを2シーターに変更しているので、かなり無理な配置となっており、エアコン操作部も助手席上に張り出すことに。

なおシフトレバーはシートの右にあるゴールドのシャフトとシルバーのノブを持つものでペダル類はオルガン式、そして「クラッチ操作もレーシングカー同様のシビアさを持つ」ようですね。

 

porsche-962 (8)

ビンゴスポーツによると、ロードカーとしてのセッティングを持ち、もちろん公道走行用として登録が可能ではあるものの「相当なスキル」が必要だとされています。

porsche-962 (7)

ホイールは18インチセンターロック、タイヤはフロント255/35ZR18、リアは345/35ZR18。
脱着には専用のツールが必要、とのこと。

VIA:Bingo Sports

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , ,