>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

次期ベントレー・ミュルザンヌはロールスロイスとの競合を避けてEVに?というウワサ

投稿日:2018/06/12 更新日:

| 次期ミュルザンヌはピュアEV(電気自動車)に? |

ベントレー・ミュルザンヌの次期モデルはフルエレクトリックモデルになる、というウワサ。
ミュルザンヌはベントレーのフラッグシップモデルではありますが、ロールスロイス・ファントムの影に隠れて今ひとつ存在感を発揮できない状態。
ロールスロイスはベントレーをなにかと(もともと同じ会社なのに)目の敵にしますが、ミュルザンヌは完全にロールスロイスの前で存在感を失ったという印象です。

ブランド内のヒエラルキーはどう保つ?

そのミュルザンヌですが、ロールスロイスとの競合を避けるためか2020年頃には現在の6.75リッターV8ターボエンジンを捨てて完全なるエレクトリックカーに、というのが今回のウワサ。※ベントレーのエレクトリック化についてはあまりに様々なウワサが出ている

現在ベントレーはフォルクスワーゲングループに属していますが、幸いなことに同グループ内では「エレクトリック化」リソースに事欠くことはなく、ポルシェ「ミッションE」、フォルクスワーゲン「I.D.」、アウディ「e-tron」などの技術そしてプラットフォームを活用できる状態。

ミュルザンヌのサイズやセグメントからするに、プラットフォームはポルシェ・ミッションEと同じものになるかもしれませんが、それでも次期ミュルザンヌがベントレーのフラッグシップであることに変わりはないようですね。

そうなると「ミュルザンヌはEV」、その下にガソリンエンジンを持つベンテイガやコンチネンタルGTが存在することになり、そしてミュルザンヌは(現行同様)それらよりも上の価格帯に設定されると考えられ、そしてそうなるとミュルザンヌはその高価格の納得性を出すために「かなりなパワーや走行レンジ」を与えられることになりそう。

ベントレーはジュネーブ・モーターショーにて「ベンテイガPHEV」を発表していますが、これはポルシェ・カイエンPHEVの技術を使用したもの。
その意味でもベントレーが「その気になれば」簡単にグループ内の資産を活用してエレクトリック化を進めることができそうですが、新型フライング・スパー、そしてコンチネンタルGTのフェイスリフトモデルではベンテイガ同様にPHEVが用意されるのかもしれません。

あわせて読みたい、ベントレー関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ベントレー(Bentley), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.