ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >ミッションE関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ・カイエン・クーペが秋に発表とのウワサ。928も数年内に復活し、マカンEVも←本当?

2018/05/09

| カイエン・クーペがついに登場? |

Porsche cayenne coupe

ドイツのカーメディア、Autobild報じたところでは、ポルシェ「カイエン・クーペ」が年内に公開される、とのこと(つまりパリ・モーターショーで発表)。
たしかにカイエン・クーペはしばらく前からウワサが出ていて、しかし今年に市販するかどうかを決定される、と言われていたのが最近の情報。
よってイキナリ「今年に登場」というのは寝耳に水で、本当に出るとするとちょっと驚きですね。

このサイズのクーペSUVというと「BMW X6」「メルセデス・ベンツGLEクーペ」ということになり、カイエンクーペはこれらと直接競合することになりそう。
なお、日本ではクーペSUVの人気はあまり高くないものの、大きな車と室内が好まれ、しかし「生活臭」が嫌われる中国ではかなり人気があり、「カイエン・クーペ」も中国市場を狙ったものなのかもしれません。

なお、一時期「カイエン・クーペ」っぽいプロトタイプが何度か目撃されているものの、どうやらそれは「ミッションEのプロトタイプだった」とも報じられていて、ここしばらくはカイエン・クーペのウワサは沈静化している状態でもあります。

あの「ポルシェ928」も復活か

さらに驚かされるのは「928」の復活のウワサで、ここ数年のうちに発表される、という報道。
これについても過去に何度か報じられており、しかしこれも最近ではあまり聞かなくなったウワサでもありますね。
おそらくは「パナメーラ・クーペ」的なボディ形状になると思われますが、現在ポルシェは4(5)ドアモデルには”パナメーラ””カイエン”のような名称、スポーツモデルには”911””718”のような3桁の数字が与えられているので、やはりパナメーラのクーペモデルが登場するとすれば、それは”928”のように数字が名称として与えられるのかもしれません。

マカンのエレクトリックモデルは2022年に登場

加えて確実性の高い、「マカンのピュアEV」登場のウワサも。
これについてはポルシェ自身が以前に言及しており、「ミッションEは911とパナメーラの中間のサイズと性格を持っており、この次にEVを発売するとなると、スポーツモデルでもサルーンであっても、ミッションEと性格が重複することになるため、となると次のEVはSUVになるだろう」と語っており、マカンEVはかなり登場する可能性が高いモデルでもありますね。

なお、それでも登場が2022年となるのは、EVを製造するための工場(製造設備)を整える必要があるためで、プラットフォームは「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック=PPE」となる見込み。
つまりガソリンエンジンのマカンとは共通性が無いということになり、これは「次期マカンはEVのみになってその名を残す」のか、それとも「次期マカンもガソリンエンジン継続で、このウワサされるエレクトリックSUVはマカン以外の名称が与えられるのか」完全に不明。
ただ、パワートレーンは215馬力、322馬力、430馬力の3種が用意され、走行可能距離は500キロ、という具体的な話も出ているようです。

あわせて読みたい、関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・マカン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連, >ミッションE関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,