ad-728





>ポルシェ・マカン関連

新型ポルシェ・マカンが走行中。衝撃のボディカラーなるも変更範囲は微小?

2018/05/06

| 見た目は”小変更”にとどまる? |

新型(フェイスリフト版)ポルシェ・マカンのスパイフォト。
ほぼカモフラージュのない状態ですが、現行とは異なるバンパー、グリル、ヘッドライト、テールランプを持つことがわかります。
なお、テールランプについては現行同様っぽい偽装が施されるものの、実際はカイエンと同じように「横長の」テールランプが与えられることになりそうですね。

やはりテールランプは911風に?

なお、この「横長」テールランプは911へと最初に採用されたもので、その後ポルシェはパナメーラ、そしてカイエンにもこの横長テールランプを採用。
これらについてポルシェ自身「911を意識した」とプレスリリースで述べており、911のイメージを他モデルに反映させる戦略に出た、ということに(クワッドLEDヘッドライトも同じ)なり、ポルシェのコア・バリューは改めて「911である」と主張しているのだとも考えられます。

現時点では新型マカンのエンジンやインテリアに関する情報及び画像はないので、それらが「どう変わるか」はわかりませんが、エンジンはこれまでのポルシェの文法に則って若干のパワーアップが得られそう。
そしてポルシェは「燃費向上のないパワーアップはしない」主義なので、燃費も改善されることになりそうですね。

macan3

気になるのは「プラグインハイブリッド」が登場するかどうかですが、なぜかエレクトリック化を進めるポルシェにしては今に至るまでマカンにはハイブリッドが設定されないまま。
焦点はフェイスリフトを期にハイブリッドモデルが出るのかどうかということですが、「マカンにはプラグインハイブリッドシステムをそのサイズ的に入れることができない」という話もあって、しかし進化した(小型化されたバッテリーを持つ)ハイブリッドシステムであれば装備が可能となるかもしれず、とにかく情報公開まで待つしかない、というところですね。

ちょっと驚いたのはこのボディカラーで、これまでこういった明るいグリーンが設定されることは珍しく(GT3系などレーシングモデルは別として)、とくにSUV系にはかなり稀な色。

macan

ちなみにマカンの「次世代」モデルにはフルエレクトリックモデルが登場すると言われ、これも「マカンそのものがフルエレクトリックモデルになるのか」「ガソリンエンジンのマカンを基本として、ピュアエレクトリックモデルもラインアップの一つとして用意されるのか」も謎な部分。
ただし次期マカンの登場は2022年頃と言われるので、これままだまだ「流動的」なのかもしれません。

あわせて読みたい、新型ポルシェ・マカン関連投稿

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ・マカン関連
-, , , ,