>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

総勢重量-40kg!BMWがM2向けのカーボントランクなど気合の入ったオプションを公開

投稿日:

| 未だかつてないほど気合の入ったオプションが一挙公開 |

BMWが先日発表したばかりの「M2コンペティション」向けのオプションパーツを一気に発表。
最近のBMWはこういったオプションパーツに熱心ではありますが、直近のM5に比べてもそのラインナップは多岐にわたり、かなり充実した内容に。
ざっと軽量パーツが軽減できる重量を計算して見ると40キロ以上となり、「お金のかけ甲斐がある」オプションだと言えそうですね。

チタン、カーボンパーツのオンパレード

チタン製エキゾーストシステムは重量マイナス8キロ。
カーボン製ディフューザー、マフラーエンドも装着されていますね。

なおマフラーのタイコ部分には「M PERFORMANCE」のロゴが入るというこだわりよう。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (9)

おそらく初登場、「カーボンファイバートランク」は純正トランク比で重量マイナス6キロ。
形状そのものも純正とは異なっています。

これはエアロパーツ非装着の状態ですが、「ウイング」「リップ(トランクリッド)スポイラー」の二種が要されるようです。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (8)

もちろんドアミラーもカーボン製。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (1)

こちらはリアウイングを装着した画像。
なおカーボンファイバールーフはマイナス5キロ。

Mカラーのグラフィック(デカール)もこれまでとは異なり、ずいぶんアグレッシブなデザインですね。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (2)

カーボンファイバー製ボンネットは重量マイナス9キロ。
やはりデザインが純正とは異なり、装着した際の満足感が得られそう。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (4)

フロントにはウイングレット付きのスポイラー。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (3)

19インチホイールは鍛造アルミニウム製で、重量は1本あたりマイナス3.2キロ。
BMWいわく「ハンドリングがダイレクトになる」とのことで、たしかに一本あたり3.2キロ軽くなれば相当に印象も変わりそうです(もともとBMWの純正装着ホイールはかなり重いことで知られる)。
カラーはジェットブラック、もしくはフローズンゴールドの二色が揃う、とのこと。
なおタイヤもオプションにてミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2を選択できる、とのこと。

フロントフェンダーもカーボン製のように見えますね。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (5)

サイドにもウイングレット付きのカーボンファイバー製サイドウイング。

モータースポーツ由来のブレーキシステム(キャリパーのカラーはレッド)、そしてサスペンションキットも。
なお、このサスペンションは車高が20ミリもダウンするようですね。

bmw-m2-competition-with-m-performance-parts (7)

その他だとステンレス製のペダルカバー、シフトレバー、カーボン+アルカンターラ製のMキーケース、フロアマット、その他多数がラインアンップされており、これでカスタムも捗ることに。

現時点で価格は公開されていませんが、発売は11月以降とのことなので、秋頃にはさらに詳細が公開されるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.