ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 8シリーズがニュルを走行。豪快なドリフトと爆音を動画にて

| 新型BMW 8シリーズは豪快なドリフトが可能 |

新型BMW 8シリーズ(M850i)のプロトタイプがニュルブルクリンクを走行する姿が動画にて公開。
おなじみニュルブルクリンクでのスパイビデオに特化したユーチューバー、Automotive Mike氏によるもので、ニュルブルクリンクを周回する姿、そして大きなアングルを持ってドリフトする様子が捉えられています。

新型8シリーズの発表は6月だと言われ、BMW自身もプロトタイプの画像を公開するなどティーザーキャンペーンを開始。
今回のプロトタイプもほぼ市販モデルと同様の完成度、スペックを持つのかもしれません。

新型V8ツインターボは+67馬力

BMW M850i xDriveはクーペ、カブリオレ両方に設定される予定で、523馬力のV8ツインターボが与えられ、これはBMWいわく「完全に新しく開発したエンジン」。
これまでのV8ターボに比べると67馬力もパワフルで、しかし重量増加はゼロ。
最低トルクの発生も1800回転に設定されるなど非常に扱いやすい性質のようですね。

トランスミッションは再設計された8速AT。
シフトチェンジのスピードが速くなっているとされますが、BMWは「トルコンAT」を今後Mモデルにも拡大採用してゆくものと思われます(BMW自身、マニュアル・トランスミッションはM2が最後で、デュアルクラッチももはやトルコンATに比較して優位性はない、と発言)。

駆動方式はxDriveつまり4WDですが、動画を見る限りでは後輪のみに駆動力を配分する「ドリフトモード」を持っていると考えて良さそう。

なお、BMWはつい先ごろM2コンペティション向けに大量のMパフォーマンス製パーツを発表しており、これは今までになかったようなカーボン性リアトランク、ボンネットフードもラインナップ。
新型8シリーズにおいても同様に、Mパフォーマンスでパーツが数多く登場すると見られます(BMWは最近Mパフォーマンスパーツのプロモーション動画も公開するなど、オプション推し)。

それでは動画を見てみよう

こちらが爆音とともにニュルブルクリンクを激走するBMW 8シリーズ、「2019 BMW M850i SPIED (DRIFTING) TESTING AT THE NÜRBURGRING」。

あわせて読みたいBMW関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,