ad-728





>パガーニ(PAGANI)

【動画】これが5台限定、サーキット専用モデル「パガーニ・ゾンダ・レボルチオン」のサウンドだ!

2018/05/19

| パガーニ・ゾンダ・レボルチオンの勇姿を見よ |

ユーチューバー、Marchettino氏がイモラ・サーキットにてパガーニ・ゾンダ・レボルチオンが走行する様子を動画に収めることに成功。
ゾンダ・レボルチオンは公道走行不可、サーキット走行のみとなる超スパルタンなクルマ。
ニュルブルクリンクを6:30で走ったと言われ、現在”市販車最速”となるポルシェ911GT2RSのタイムが6:52.1であることを考えると、いかにこれが速いかがわかります。

やはり自然吸気エンジンのサウンドは格別

シャシーにカーボンモノコックを採用するのはほかのゾンダと同じですが、「レボルチオン」ではカーボン繊維にチタンを編み込んでおり、これをさらに強化。
エンジンは6リッターV12、出力は800馬力、トランスミッションはレース用シーケンシャルトランスミッション、駆動輪は後輪のみとなっています。
ボディは過激そのもので、いたるところにエアロデバイスが装着されますが、やはり圧巻なのは完全に車の幅を超えているリアウイング。
そのダウンフォースは推して測るべしですが、加速と最高速を向上させるためにF1マシン同様の「DRS」も装備。

生産されたのはわずか5台のみで、価格はなんと2億8000万円、と報じられます。
動画を見るとそのサウンドの凶暴さがよくわかり、ウアイラ(V12エンジンですが、こちらはターボ)が発売されたのちも自然吸気エンジンを搭載するゾンダの人気が高く、いまだにウアイラではなくゾンダをオーダーする人が多いのも頷けますね。

それでは動画を見てみよう

こちらが今回新たに撮影されたパガーニ・ゾンダ・レボルチオンの動画、「Pagani Zonda Revolucion CRAZY Sound! - Start, Rev & Accelerations」。

↓いったいリアウイングはどういった構造になっとるんよ・・・。

そして同じくゾンダ・レボルチオンのサウンドを収録した「Pagani Zonda Revolucion INSANE Sound!」。

発表直後、2015年に撮影された動画ですが、こちらもそのサウンドを楽しむことができる動画、「Pagani Zonda Revolucion DEMONIC Sound!」

あわせて読みたい、パガーニ・ゾンダ関連投稿

パガーニ・ゾンダの新たなる、そしてもっとも美しいワンオフモデル「リビエラ」公開
パガーニ創業者が自分のために作ったゾンダ公開。トップチョップの「HPバルケッタ」
事故から不死鳥のように蘇ったパガーニ・ゾンダ”ファンタズマ”が公開に。イタリア語で「幽霊」の意味
ワンオフのパガーニ・ゾンダ760「オリバー」。父親が9歳の息子のためにオーダーした個体であることが判明
まさに「パガーニだけ」。ゾンダ、ウアイラを堪能すべく25分の中にパガーニ動画を編集し詰め込んでみた
世界に5台限定のパガーニ・ゾンダ・チンクエが走行中、白バイに停止させられる動画
ゾゾタウン社長のパガーニ・ゾンダとマイバッハがクラッシュ。総額4億円の事故が発生
ユーチューバーがパガーニ・ゾンダをドバイからイタリアまで輸送。その空輸の様子を収めた動画を公開
パガーニ史上「最大」のリアウイングを装着したワンオフモデル、ゾンダMilesonが公開に
これマジ?パガーニ・ゾンダとローバー45がパーツ共通ほか高額車と普及車との部品共有
超スパルタンなパガーニ・ゾンダ。ニックネームなし、ただの「760」が中古で販売中
パガーニ愛が高じたコレクター。自宅リビング内にパガーニ・ゾンダをオブジェとして飾る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->パガーニ(PAGANI)
-, , , , ,