>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェがあるコレクターを紹介。「ポルシェは乗るべきクルマであって、ガレージに保存しておくものではない」

投稿日:2018/05/18 更新日:

| ポルシェはガレージに置いておくよりも乗るべきものだ |

ポルシェがそのオーナー向け機関誌「クリストフォーラス」のWEB版にて、カリフォルニア在住のポルシェコレクター、マット・ヒュンメル氏を紹介。
あわせて同士の所有する1956年製ポルシェ356 A 1600にも焦点を当てています。
なお、マット氏はポルシェコレクターではあるもののレアモデルを集めたり、それらを飾ったり、完全なレストアを行なってコンクール・デレガンスに出展するタイプではなく、「購入したポルシェは乗る」タイプ。

旧い車は必ずしもレストアせず、「旧い外観のまま」乗ってもいい

マット氏は「ポルシェは”乗る”ものであって、ガレージに置いておくためのものではない」とも。
先日のマグナス・ウォーカー氏も同様ですが、ポルシェは単なるコレクターではなく、実際にポルシェを自分の生活の一部として取り入れ、自分が思うようなカスタムを施して日常的に乗るオーナー像を理想としているのかもしれませんね(ポルシェの歴史や車のコンディションに過剰にこだわるような、ポルシェ中心のライフスタイルを望んでいない)。

加えて彼が乗るポルシェ356は「ピカピカにレストアした」ものではなく、過ぎ去った年月を感じさせるもの。
これについてもマット氏は「オリジナルに戻すようなレストアは考えていない。オレはただクルマがあるべき姿を維持したい。そう、その時代を映すタイムマシンのように」と語っており、年月がたった車はその年月を反映してしかるべき、と考えている模様。

彼のもつ他のコレクションは1986年製ポルシェ911カレラ3.2、1966年製の912、1958年製のポルシェ356Aスーパー、1952年製のポルシェ356カブリオレ(シャシナンバー続きで二台)。
マット氏はもともとクラシックカーやレアモデルのパーツを扱うディーラーを営んでおり、その関係で世界各地をパーツを求めて飛び回ることに。
その過程で出会ったのがポルシェということになりますが、彼曰く「昔のパーツを探していると、(供給や品質などを鑑みるに)最終的な選択肢はポルシェ以外にない」とのこと。

それでは動画を見てみよう

こちらがポルシェの公開した動画、「9:11 Magazine: Matt Hummel and „Don“, his Porsche 356 with a patina」。

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.