ad-728





>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

ポルシェのフラット6、ランボルギーニV10、フェラーリV12それぞれのサウンドは?ターボとの差も聴いてみよう

| やっぱりフェラーリのV12シンフォニーは格別だった |

アウトバーン高速走行専門のユーチューバー、hartvoorautosNL氏がフェラーリ812スーパーファストでニュルブルクリンクをぶっ飛ばす動画を公開。
フェラーリ812スーパーファストは「最後の自然吸気エンジンのみで走行するフェラーリ」とされ、というのも後継モデルが「ハイブリッド」になるとみられているため(それでもターボ化されるわけではない)。

車に乗り込む様子から見ることができる

フェラーリ812スーパーファストに採用されるエンジンは6.5リッターV12、最高出力は800馬力、パフォーマンスとしては0-100キロ加速2.9秒、最高速度が時速340キロ。
このフェラーリ812スーパーファストの最高速を試せるとは羨ましい限りですが、hartvoorautosNLの動画で優れるのは「車に乗り込む前から」スタートするところ。

そのキーや、車に乗り込むところ、エンジンの始動から始まっており、その車をより理解しやすくしてくれています。



それでは動画を見てみよう

まずはフェラーリ812スーパーファストで走る「Ferrari 812 Superfast 320 km/h on Autobahn! - ORGASMIC SOUND!」。
812スーパーファストのトランスミッションはデュアルクラッチですが、その変速スピードは格段に速められているといい、動画内でもかなりの変速ショックを確認できます。

なお、いうまでもなくそのサウンドは「素晴らしい」のひとことで、一聴の価値あり。

そしてこちらはポルシェ911GT3RSでアウトバーンを走る「Porsche 991 GT3 RS 4.0 300 km/h on Autobahn! - ORGASMIC SOUND!」。
911GT3RSもやはり自然吸気エンジン(4リッター・フラットシックス)を搭載する車ですね。

別のユーチューバー、AutoTopNLによるランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテのPOV、「LAMBORGHINI HURACAN PERFORMANTE LP640-4 POV Test Drive by AutoTopNL」。
同氏もまたアウトバーン専門ですが、今回は一般道を走行。
それでもかなりの高回転、速度まで試しており、自然吸気V10エンジンのサウンドを楽しめます。

そして676馬力にまでチューンしたマクラーレンで走る「347km/h!! McLaren 570S AUTOBAHN POV 676HP RACECHIP ACCELERATION & TOP SPEED by AutoTopNL」。
ここで衝撃的なのは、「F6、V10、V12」と自然吸気エンジンのサウンドを聴いたあとでの「V8ツインターボ」の音。
V8ツインターボのみの音を聴いていると感じられない、自然吸気エンジンとの「どうしようのない音の差」が衝撃的で、この差異を体感するにあたり、巷では自然吸気エンジン、しかも多気筒大排気量エンジンが好まれる理由がわかります。

一方こちらは自然吸気V10エンジンにスーパーチャージャーをドッキングさせたアウディR8でアウトバーンを走る動画、「802HP Audi R8 V10 Plus SUPERCHARGED 324km/h AUTOBAHN POV by AutoTopNL」。
おなじ加給装置でも、スーパーチャージャーはターボとは異なり排気から加給圧を取らないので「サウンドに与える影響がない」ということがわかります。
なお、あまりスーパーチャージャーの加給音(ミャー!という音)が聞こえないのはちょっと意外。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi), >ポルシェ911関連, >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,