ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン”DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ”の最新スパイフォト。ほぼ外装は完成?

2018/05/22

| アストン史上最高のパフォーマンスを持つオープンモデル |

アストンマーティンは「DBSスーパーレッジェーラ」を発売すると予告したところですが、今回「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」とみられるプロトタイプが目撃に。※アストンマーティンはオープンモデルのことを”ヴォランテ”と呼ぶ
おそらくDBSスーパーレッジェーラはアストンマーティン史上もっともハイパフォーマンスなクルマとなりそうで、同時に「高いクラフトマンシップも併せ持つ」と公表されています。

ほぼ完成形が存在?

このプロトタイプを見るに市販モデルと言ってもおかしくないほどの品質を持っており、すでにデザインは完成していて、プリプロダクションモデルも存在するのかもしれません。

全体的な印象はDB11に近く、しかし大きなグリルが一つの特徴。
更にこのグリルはボディパネルと「ツライチ」つまりフラッシュサーフェス化されており、メッシュ部分もレクサスのスピンドルグリルのように立体的な構造を持つようですね。
加えて、グリルの「横方向」にバーが存在するのも「新しい」ところ。

フロントフードにはダクトを隠すための偽装があり、さらにはストライプ状に貼られたテープが見え、これも何かを隠しているのかもしれません。
Aピラー形状は独特で、これは「ヴォランテ」だからなのか、それともクーペと共通なのかは不明。

astonmartin

フロント~サイド~リアアンダーはかなりアグレッシブな形状。
リアはディフューザー構造を持ちますが、「フィン」が無いのは特筆すべき点で、さらにはパイプ径の異なる「ツイン」エキゾーストを持ち、ナンバープレート下部、両脇のデザインも一新されることに。

テールランプ、リアのポップアップ式スポイラーはDB11とよくにていますね。

astonmartin2

ホイールはスポークが細くかなり「軽そう」で、ブレーキキャリパーやディスクも「巨大」。
相当に高いパフォーマンスが与えられるであろうことがわかります。
テールランプの間にあるエンド部は「突出」していて、全体的に立体感が強調されているのもDBSスーパーレッジェーラの特徴。

現時点でパフォーマンスについては不明ですが、5.2リッターV12ターボエンジンを持ち、出力は700馬力程度にまで高められる、というウワサです。
クーペモデルの発表は6月、このヴォランテは2019年に発表される、と見られますが、アストンマーティンは「ヴァンキッシュ」そして新型ミドシップシリーズ、はたまた新型クロスオーバーのDBX(ヴァレカイ)など、多くのニューモデルが控えていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , ,