ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >ミッションE関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが新プロモ動画を公開。120年前にEVを作ったことを踏まえてエレクトリック化の未来を示す

| ポルシェのエレクトリック化は”必然” |

ポルシェがそのエレクトリック化の「歴史」を示す動画を公開。
「歴史」といってもまだEVを発売していないのに?と思うかも知れませんが、ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェ氏が最初に製造したクルマは「電気自動車」。
これは「ローナー・ポルシェ」として知られる”Egger-Lohner C.2 Phaeton”で、ガソリンエンジンをレンジエクステンダーとして使用し、4つのインホイールモーターで駆動するEV。

ポルシェの未来はエレクトリックとともにある

これはまさに現代の「ハイパーEV」と同じ構造を1900年に製造していたということになり、ポルシェには驚かされることばかり。
なお「カイエン」を新しくラインナップに追加した際には「ラリーの歴史」とカイエンを関連付けており、ポルシェは本当に色々なことをやってきた会社であるということがわかりますね。

そして今回の動画ですが、そういった「電気自動車をルーツ」に持つということ、そしてハイブリッドモデルにてレースに参戦してきたという歴史を踏まえて「現在」のパナメーラ・ターボS Eハイブリッド、カイエン Eハイブリッドが誕生し、さらにはミッションEという「未来」に繋がるという内容に。

パナメーラ・ターボS Eハイブリッドでは4リッターV8ターボにモーターを組み合わせて680馬力を発生し、0-100キロ加速はわずか3.2秒というパフォーマンスを誇り、これはもちろんパナメーラ最速。
つまり先代のパナメーラにおけるハイブリッドモデルは「環境」を意識したものであったのに対し、最新世代では「パフォーマンスを向上」させるためにハイブリッドを所要しているということになりますが、このあたりハイブリッド技術の「進化」が伺えます(それまでのハイブリッドシステムは重すぎてスポーツ製をスポイルしていた)。

それでは動画を見てみよう

こちらがポルシェの未来を示す動画、「Porsche E-Performance. Not the beginning.」。

そして発表されたばかりのカイエンEハイブリッドのプロモーション動画、「The new Cayenne E-Hybrid in motion.」。

新しくカイエンシリーズに設定されるオプション、「バイシクルラック」を紹介するPorsche Tequipment bicycle racks. Taking you to where life happens。

ポルシェUKが行う「レストア競技」のプロモーション動画、「Restoracing Competition 2018 Teaser」。
ボクスターが登場して20年が経過しますが、それを記念して初代ボクスターSを3台レストアし、さらにそれでレースを行って「チャンピオン」を決めるというもの。

ポルシェ911GT3RSがマン島レースに参加する姿を追った「Behind the scenes The new Porsche 911 GT3 RS at the world's greatest road race」。

こちらもやはりマン島レースへの傘下ドキュメンタリー、「The new Porsche 911 GT3 RS – Isle of Man」。
GT部門のボスへのインタビュー、さらには現在同じグループに属するドゥカティ(DUCATI)も登場します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >ミッションE関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,