>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディA1「オールロード」のスパイフォト。小粒でピリリと辛いアウトドア風味に?

アウディは「オールロード」をサブブランドとして確立したい? アウディA1"オールロード"とみられる車両のプロトタイプが走行中。その登場が公的に語られたことはないものの、ニュルブルクリンクほか、今回の寒冷地でもテストされるなど、発売に向けて具体的な動きが見えるのも事実です。これまでの「オールロード」はA4アバント、A6アバントをベースとしており、ワゴンボディの車高を上げ、樹脂製のクラディングやロックガード風のデザインを持つ前後バンパーやサイドシルが与えられ、ややワイルドな印象を持つ、というのがその文法。

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】ついに3500馬力のウラカン登場。ゼロヨンタイムは8.253秒、最高速度は418km/h

投稿日:2018/06/01 更新日:

| ウラカンのチューンがついに3500馬力にまで到達 |

ランボルギーニ・ウラカンはそのポテンシャルの高さからゼロヨンファイターとして人気があり、エンジンのタフさからターボやスーパーチャージャーによる加給も日常茶飯事(ただしアメリカで)。
ノーマルのエンジンは5.2リッターV10自然吸気で610馬力を発生するものの、登場直後から1500馬力あたりのチューンが登場。
というのも同じエンジンを積むガヤルドにてこのエンジンのチューニング手法が確立されていたためで、その流れからウラカンも1500馬力を発生することに。








最高速度は時速418キロ

ただ、そこからさらにチューニングは過激さを増しており、今回登場するウラカンはなんとその出力3500馬力(ツインターボ)。
チューニング費用は2300万円ほど必要になるものの「3500馬力」が手に入るのであれば、ゼロヨンを戦う人にとっては「安いもの」かもしれません。

今回3500馬力のウラカンを持ち込んだのはツインターボ化でおなじみの「アンダーグラウンド・レーシング」(しかも2台)。
実際に動画を見るとその速さは目を疑うレベルで、イエローのウラカンはハーフマイルにおいてなんと終速368km/hを記録。
もっと直線があれば時速418キロまで出せるそうで、この速度にもびっくりですが、実際にここまでのパフォーマンスを発揮できるポテンシャルがあるということにも驚かされます。

ちなみにゼロヨンタイムはなんと8.253秒という数字ですが、とにかく加速が優れることで優れるテスラ・モデルS P100Dの記録が10.42秒(チューニング済み)、ナンバー付き車両では最速と言われた9ff Gtronic(ポルシェ911)のタイムが8.89秒であることを考えると、このウラカンの8.253秒がいかに途方もないものかわかろうというものです。

なお、市販車無改造におけるゼロヨンランキングは下記の通り。

ダッジ・チャレンジャーSRTデーモン(2017) 9.65秒
ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ(2011) 9.7秒
マクラーレンP1(2014) 9.8秒
ポルシェ918スパイダー(2014) 9.8秒
ラ・フェラーリ(2015) 9.8秒

それでは動画を見てみよう

こちらが3500馬力のウラカンがドラッグレースにて驚異の加速を見せる動画、「3500HP Lamborghini Mind Blowing ACCELERATION to 229MPH!」。

こちらはヤス・マリーナ・サーキットにて別のウラカンが8.65秒(終速は258.99キロ)を記録する動画、「FASTEST Lamborghini Huracan in the WORLD!」。
1026馬力だそうですが、3500馬力のウラカンに対してもほとんど変わらないタイムを記録しているのは特筆すべきところ(路面やタイヤの差かもしれない)。

関連投稿:アンダーグラウンド・レーシングがまたやった。今度は2000馬力のウラカン(動画あり)

ツインターボで武装したガヤルドで有名なアンダーグラウンドレーシングが、今回はウラカンにツインターボを装着。

「X-Version Huracán」と名付けられたチューニング・プログラムが実装されたヴェルデ・マンティスのウラカンは実に2000馬力(以上)を発生。
これまでもガヤルドでは1000馬力や1500馬力のチューンドカーをリリースしていますが、2000馬力というのはあまりに強力。

動画では1400馬力の日産GT−Rを引き離していますが、他にも2000馬力を超えるGT−Rも出てきたりして、アメリカのチューニング事情は恐ろしいことになっているようですね(それにしてもGT−Rの人気は非常に高い模様)。

ツインターボのドッキッグだけではなく、インマニはもちろんトランスミッションまで交換されているようで、当然燃料も多く噴射する必要があり燃調はオリジナルのMoTec M1でコントロール。
ホイールはHRE製に交換され、シートはカーボンの簡素なものへ置き換えられています。

アンダーグラウンド・レーシングの顧客は外装のカスタムにはあまり興味がないようで(ツインターボ化には相当の費用がかかり、それに比べると外装カスタムは安いものだと思うので、お金の問題ではないように思う)、見た目ノーマル、というのがほとんどですが、逆にそれが凄みを増しているとも思います。

関連投稿:今度は2200馬力。アンダーグラウンドレーシングがウラカンをチューン

ur-huracan-tt-systems-3

ツインターボで有名なアンダーグラウンドレーシングがさらにウラカンの馬力を上げ、ついに2200馬力に到達。
ガヤルド初期型で1000馬力、ガヤルドLP560-4で1500馬力まで出力を上げてきましたが、ウラカンでは2000馬力から始めて徐々に上積みしています。

ガヤルドとウラカンはエンジンがほぼ同じですが、チューナーにとっては「タフで弄りやすい」ことから人気が高く、そして比較的馬力を引き出しやすい模様。

なおチューニングコストは800馬力コースで600万円、900馬力コースで700万円、1000馬力コースは850万円、1250馬力は1200万円。

アンダーグラウンドレーシングはツインターボでけっこうな歴史がありますが、そのぶんガヤルドは信頼性が高かったということなのでしょうね。

ur-huracan-tt-systems-1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.