ad-728





>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】ついに3500馬力のウラカン登場。ゼロヨンタイムは8.253秒、最高速度は418km/h

2018/06/05

| ウラカンのチューンがついに3500馬力にまで到達 |

ランボルギーニ・ウラカンはそのポテンシャルの高さからゼロヨンファイターとして人気があり、エンジンのタフさからターボやスーパーチャージャーによる加給も日常茶飯事(ただしアメリカで)。
ノーマルのエンジンは5.2リッターV10自然吸気で610馬力を発生するものの、登場直後から1500馬力あたりのチューンが登場。
というのも同じエンジンを積むガヤルドにてこのエンジンのチューニング手法が確立されていたためで、その流れからウラカンも1500馬力を発生することに。

最高速度は時速418キロ

ただ、そこからさらにチューニングは過激さを増しており、今回登場するウラカンはなんとその出力3500馬力(ツインターボ)。
チューニング費用は2300万円ほど必要になるものの「3500馬力」が手に入るのであれば、ゼロヨンを戦う人にとっては「安いもの」かもしれません。

今回3500馬力のウラカンを持ち込んだのはツインターボ化でおなじみの「アンダーグラウンド・レーシング」(しかも2台)。
実際に動画を見るとその速さは目を疑うレベルで、イエローのウラカンはハーフマイルにおいてなんと終速368km/hを記録。
もっと直線があれば時速418キロまで出せるそうで、この速度にもびっくりですが、実際にここまでのパフォーマンスを発揮できるポテンシャルがあるということにも驚かされます。

ちなみにゼロヨンタイムはなんと8.253秒という数字ですが、とにかく加速が優れることで優れるテスラ・モデルS P100Dの記録が10.42秒(チューニング済み)、ナンバー付き車両では最速と言われた9ff Gtronic(ポルシェ911)のタイムが8.89秒であることを考えると、このウラカンの8.253秒がいかに途方もないものかわかろうというものです。

なお、市販車無改造におけるゼロヨンランキングは下記の通り。

ダッジ・チャレンジャーSRTデーモン(2017) 9.65秒
ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ(2011) 9.7秒
マクラーレンP1(2014) 9.8秒
ポルシェ918スパイダー(2014) 9.8秒
ラ・フェラーリ(2015) 9.8秒

それでは動画を見てみよう

こちらが3500馬力のウラカンがドラッグレースにて驚異の加速を見せる動画、「3500HP Lamborghini Mind Blowing ACCELERATION to 229MPH!」。

こちらはヤス・マリーナ・サーキットにて別のウラカンが8.65秒(終速は258.99キロ)を記録する動画、「FASTEST Lamborghini Huracan in the WORLD!」。
1026馬力だそうですが、3500馬力のウラカンに対してもほとんど変わらないタイムを記録しているのは特筆すべきところ(路面やタイヤの差かもしれない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , ,