ad-728





>テスラ(TESLA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

テスラCEO「空飛ぶ車はなんの解決にもならない。いつか重大事故を起こす」

2018/06/10

| テスラCEO「空とぶ車は無駄 |

テスラCEO、イーロン・マスク氏が自身の所有する「ボーリングカンパニー」のイベントにて、「空飛ぶ車は何も解決にならない。それどころか重大ない事故を引き起こすだろう」と発言。
なお、イーロン・マスク氏は少年の頃に「インターネット」「航空宇宙」「「環境」関連ビジネスを興して世界に貢献するという目標を立てていますが、それぞれ「ペイパル(の前身)」「スペースX」「テスラ」ですでにこれらを達成しています。

イーロン・マスクは空中には魅力を感じない

なお「ボーリングカンパニー」は地面を掘る方の「ボーリング」で、地中にトンネルを掘ってそこに輸送機関を通して高速移動する「ハイパーループ」を実現する会社。
多くの自動車メーカーが「空飛ぶクルマ」を開発する中、民間ロケットとしてはじめてISSにドッキングしたり火星へと飛ばすロケットを開発している割に、イーロン・マスク氏は「空飛ぶクルマ」に興味を示さず、むしろ否定的。

現在空飛ぶ車に参入を表明しているのはメルセデス・ベンツ、トヨタ、アウディ、イタルデザイン、吉利汽車あたりですが、正直ぼくも空飛ぶ車には否定的。
なぜかというと(VTOLであっても)離着陸に時間がかかる、車を停めるように簡単に駐機できない、乗れる人数や積める荷物が限られる、空中での事故は大惨事になる、気象状況によって運行が不安定になる、そもそも自動運転で空を飛ぶのは無理だろう、といったところ。

なお「ドローン」は新しい産業として注目されたものの、様々な規制で一気に市場が縮小。
ピザハットやアマゾンなどがドローンを使用した宅配を実現しようとしていましたが、結局のところ「本格運用」はできないままに終わりそう。
ドローンを使用した配送についても、たとえばゲーム機(ハード)の発売日に飛んでいるドローンは換金性の高いゲーム機を積んでいる可能性が高く、ギャングにバンバン撃ち落とされるでしょうし、荷物の手渡しはどうすんの?とか不在届は?とかそもそも体の不自由な人に荷物渡せないでしょ?とかいろいろと懸念があるわけですね。

そのあたり「ちょっと考えれば」わかりそうなものですが、なぜ大手企業があんなに「ドローン宅配」にフィーバーしたのか全く不思議。
よって、今回の「空飛ぶ車」についても数年後、現在参入を表明したメーカーが「なんであの時は空飛ぶ車がいいと思ったんだろうな・・・。」と我に帰る時が来るのかもしれません。

あわせて読みたい、空飛ぶ車関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->テスラ(TESLA), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , ,