ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M8 GTEがモンツァを爆音とともに激走。一方ニコ・ロズベルグは美女を乗せi8で走る

| BMW M8 GTEがモンツァを激走 |

BMW M8 GTEがモンツァにてテストする様子を納めた動画がユーチューバーによって公開に。
すでにBMWは「M8 GTE」を発表しており、今年のル・マンに参戦することも発表済み。
M8 GTEのエンジンはM5の4リッターV8を使用しており(GTEクラスの規定では4リッターが上限)、出力はセッティングによって500-600馬力、と公表されています。

BMWは久々に参加するル・マンで勝利を狙う

なお、BMWがル・マンに参戦するのは6年ぶりで、その参戦前には市販モデルの「8シリーズ」が公開される予定でもあり、なんとしてもBMWはこのM8 GTEで勝利をおさめたいところなのだと思われます。

動画を見るとそのサウンドは「まさにV8」といった感じで地鳴りのような音を轟かせており、スタイリングはレーシングカーにも関わらず「優美」そのもの。

車高が落とされて車幅が拡大されているとはいえど、多くを市販モデルの8シリーズと共有していると考えられ、このぶんだと8シリーズのスタイルについても期待できそうですね。

それでは動画を見てみよう

こちらがモンツァを轟音とともにM8 GTEが駆け抜ける動画、「BMW M8 GTE In Action at Monza Circuit ahead of the 24 Hours of Le Mans 2018!」。

BMW i8のセーフティカーが走る様子も

こちらはニコ・ロズベルグが自信のYoutubeチャンネルにて公開した動画「INSANE HOT LAPS WITH EMILY RATAJKOWSKI | NICO ROSBERG | UNCUT」で、BMWがフォーミュラE用セーフティカーとして提供しているi8をサーキットにてドライブする様子(ニコ・ロズベルグ=メルセデスAMGというイメージがあるのでちょっと驚き)。
ニコ・ロズベルグは2016年にタイトルを獲得した後に電撃引退を発表し、その後は悠々自適な生活を送っていることで知られますが、「引き際」のタイミングが良かったF1ドライバーの一人ですね。※ロゴを含め、自身のブランディングにも成功している
なお、隣に乗るのはモデル/女優のエミリー・ラタコウスキー。

BMW i8はそのスーパーカー的ルックスに反して「1.5リッター3気筒ターボエンジン」、そしてハイブリッドシステムを積むPHEV。
合計出力は374馬力、0-100キロ加速は4.4秒。

このセーフティカーはサーキットを走行するということでサスペンションが専用にチューンされ、M4 GTSから移植したカーボンセラミックブレーキそしてバケットシートなどを装着していて、「プラグインハイブリッド」という先入観に反した俊敏な動きを見せています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,