ad-728





>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新オプション「トラックパック(352万円)」「デザイン・エディション(131万~)」追加

| マクラーレンが日本市場へ新オプション追加 |

マクラーレンが日本仕様の570Sスパイダー/570GTにオプション/新仕様が追加。
まず570Sスパイダーについては「トラックパック」が設定されており、文字通りサーキット走行を前提とした内容に。
残念ながら「工場装着オプション」なので後付は不可能ですが、これによってドライバーとマシンとの一体感が向上する、とのこと。

なおマクラーレンはここ最近走行性能を向上させるためのオプションを立て続けにリリースしており、「グランドツーリングカー」としての穏やかな性格が与えられた「570GT」をよりハードな足まわりに変更するための「Sハンドリングパック」も追加。
つまり、マクラーレンの顧客はそれだけ「真剣にサーキットでの性能を追求している人が多い」と言えそうです。

マクラーレンは車種によって細かくオプションの内容を変えている

なお、570GT向け”Sハンドリングパック”ではステアリング制御の変更も含まれましたが、もともと570”S”ではクイックなステアリングレシオを持つためにそこには触れず、軽量化が主な目的となっているようで、これの装着によって33キロも軽量化が可能になる、とのこと。

オプションの詳細は下記の通りで、パッケージ価格は3,526,000円。

アルカンターラ&ナッパレザー「By McLaren Sports」デザイナーズインテリア
ブラックアルカンタラステアリング
カーボンファイバー製レースシート
マクラーレン・トラック・テレメトリー(MTT)
カーボンファイバー製インテリアアップグレード
ダークパラジウムルーフ
ステルスフィニッシュ10本スポーク超軽量鍛造アロイホイール
ピレリ P-ZERO Corsa
ステルスフィニッシュスポーツ・エキゾースト

570GTに「デザイン・エディション」も

そしてもう一つ追加されたのは「570GTデザイン・エディション(Design Edition)」。
すでに570Sに導入されていますが、これの人気が非常に高く、今回拡大採用されることに。

これはマクラーレンのデザイナーがオススメする「カラーと素材の組み合わせ」で、膨大なオプション群の中からなかなか自分で仕様を選べないという人には大変ありがたいもの(しかも個別にオプションを選択するよりも安上がり)。
なお570Sでは「シリカホワイト」「ストームグレー」「ヴァーミリオンレッド」「オニキスブラック」「ヴェガブルー」の5色が用意されていたものの、570GTではまた別のカラーが用意され、マクラーレンは全モデルを一様に扱うのではなく、570S/570GT向けのパッケージオプション同様、各モデルの性格にあわせて細かく対応を行っていることがわかります。

570GTでは軽量鍛造ホイールや仕様にマッチしたブレーキキャリパーが与えられる、とのこと。
それぞれのボディカラーと価格は下記の通り。

シリカ・ホワイト(Silica White)1,368,000円
パシフィック(Pacific)1,311,000円
ブレード・シルバー(Blade Silver)1,311,000円
ファイア・ブラック(Fire Black)1,368,000円
ストーム・グレイ(Storm Grey)1,368,000円

あわせて読みたい、マクラーレン関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,