ad-728





>フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

1996年のマクラーレンF1レースカー同様のカラーを持つ675LTが公開。カスタムには1000時間以上

2018/06/10

| 伝説的カラーを身にまとったマクラーレン675LTが誕生 |

マクラーレンが675LTに1996年にレースを走った「ガルフ・ダビドフGTCマクラーレンF1 GTR ロングテール」のカラーリングを反映させたワンオフモデルを公開。
製作は手作業によるもので、実に1000時間以上がかかっている、とのこと。

ガルフとモータースポーツとの関わりは深い

こちらが1996年当時のガルフ・ダビドフGTCマクラーレンF1 GTR ロングテール。
「ロングテール」の文字通り、長いリアオーバーハングを持つことが特徴で、これは空力改善のため。
マクラーレンはこのロングテール=LTをひとつのブランドに育てたい意向だとされ、今後各モデルに「LT」が設定される可能性もあるようですね。

もちろん今回マクラーレンは675LTをガルフ・ダビドフGTCマクラーレンF1 GTR ロングテールとキッチリ同じカラーに仕上げており、ボディ上面はパウダーブルー、センターやホイール、サイドのラインはオレンジ、そしてボディサイドはブラックに。

mclaren-675lt-with-gulf-livery

ただし今回ガルフとの契約を交わしていないのか、「GULF」ロゴはじめスポンサー関係の文字もナシ。

mclaren-675lt-with-gulf-livery (4)

なお、「ガルフカラー」は1901年創業の石油会社「GULF」がフォードのルマン参戦にあたりスポンサーとして資金を提供し、その見返りとしてGT40にカンパニーカラーである「ブルーとオレンジ」を採用させたのがはじまり。
フォードGT40に採用されたガルフカラーは、実際のカンパニーカラーのブルーよりも薄い色ですが、このカラーは「ゼニスブルー」と呼ばれています。

mclaren-675lt-with-gulf-livery (5)

ただしマクラーレンの場合はフォードと違って「パウダーブルー」と呼ばれており、実際に多少カラーの相違があるのは興味深いところ。

というのも通常、企業スポンサーはそのカンパニーカラーを忠実に守らせるのが通例で、たとえばコカコーラのレッドなどが端的な例。
しかしながらガルフの場合はメーカーや車両によってブルーやオレンジのカラーを多少変更することを許しているようで、フォード、マクラーレンほかポルシェ、アストンマーティン、アウディ等のスポンサーとして活動してきたものの、それぞれ色味が異なるようです(水色のようなカラーから、濃いブルーまである)。

mclaren-675lt-with-gulf-livery (3)

カスタムを担当したのはマクラーレンのパーソナリゼーション部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」。
今回のマクラーレン675LTは「顧客の注文によって」実現したものだそうですが、ついついその「費用」が気になってしまいます。

mclaren-675lt-with-gulf-livery (1)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フォード(FORD), >マクラーレン(McLaren)
-, , , ,