>その他アメリカ車

FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」

投稿日:2018/06/11 更新日:

| フィアット・クライスラーが公式にヴァイパー復活を否定 |

数週間前に「ヴァイパーが発売30週年となり2019年に復活するかも」というニュースがネット上を駆け巡りましたが、今回FCAが開いたプレスカンファレンスにて、FCAのセルジオ・マルキオンネCEOが「ヴァイパー復活はない」と断言した模様。
これは該当カンファレンスに参加した「オートモービル・マガジン」「デトロイト・フリープレス」それぞれの記者が別々に(新型ヴァイパーはないと)ツイートしており、かなり信憑性が高いネタだと言えます。

数週間前の噂は何だったのか?

前回の噂だと「V10のかわりにV8を積む」といった具体的な話が出ており、世のヴァイパーファンを喜ばせただけあって、今回はちょっと残念なニュースだと言えますね。

唯一の希望としては「完全にその可能性が潰えたわけではない」とマルキオンネ氏が語っていることで、「今は無理でもいつか将来は」という一縷の望みが残っていること。

逆に「今すぐにヴァイパー復活はない」ということは確実になってしまったものの、その理由としては「カネがない」。
しばらく前からFCAの財政状態はあまり良くなく、それを改善するためにFCAはフェラーリを上場させたほどですが、その上FCAの車は品質はじめ様々な調査において「ほぼ最下位」。
この状況では今後の業績回復も望みようがなく、とてもヴァイパーどころじゃない、ということなのでしょうね。

なお、6/1に発表されたFCAの今後(2022年まで)における計画だとアルファロメオやジープなど「伸びる可能性がある」ブランドに望みをかけており、しかも「SUV重視」。
アルファロメオはF1イメージ、過去の資産を生かしてハイパフォーマンスなスポーツカーを投入してブランド価値を向上させる一方、そのブランド価値をもってSUVを売りまくるという計画を発表しており、マセラティは「エレクトリック」に移行。
ジープブランドは低価格モデルを拡充してより拡販を目指す、といった感じです。

こういった状況ではヴァイパーにまで「手が回らない」のは十分に理解でき、今後2022年までの計画が「予定通り」に進んだとしてもヴァイパーの復活は「その後」にようやく考えられる、ということなのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他アメリカ車
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.