ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】あのスモーキー永田V12スープラが北米へ!高速道路やトンネルを走り抜ける!

2018/06/05

| あのスモーキー永田V12スープラは北米に渡っていた |

イギリスの公道にて、時速316キロという前人未到かつ未だ破られていない速度違反記録を樹立し、その後ナルド・サーキットにて時速358.22キロを記録した「あの」スモーキー永田によるV12スープラ(TS8012V)の走行動画。
このスープラはトヨタ・センチュリーの5リッター(1GZ-FE)V12をツインターボ化して搭載しG-FORCE製ワイドボディキットを装着したもので、最高出力は930-940馬力ほど、とされています。
チューンしたのはスモーキー永田氏の運営するチューニングカンパニー、「トップシークレット」。

V12スープラの落札価格は990万円

なお、この個体はBHオークションによって2018年の東京オートサロン開催時にオークションへかけられ、その価格990万円にて落札されています。
動画では日本のナンバーが付いたままですが(オークション出品時には日本での登録はできない、とアナウンスされている)、走行しているのはアメリカ西海岸のようで、どうやら現地のショップが落札したようですね。※なぜ返納していないのかは謎

最初にこのV12スープラが公開されたのは2007年の東京オートサロン。
エンジンスワップに加えてピストンやコンロッドなど内部パーツも交換されており、タービンは片バンクに一個づつ。
トランスミッションは純正のゲトラグ6速ながらもファイナルギアを変更しており、足回りはアラゴスタ製(最近あんまり聞かなくなった)の車高調整式を採用しています。

ボディはフロントが片側33ミリ、リアが片側50ミリづつワイド化され、フロントはノーズが延長されて高速域でのダウンフォース向上に貢献する、と紹介されていますね。
さらにはあちこちにカバーが取り付けられてフラッシュサーフェス化が図られ、さすがに「時速400キロを目指した」クルマだけあって細かいところに至るまでの配慮も。

なおエンジンはこんな感じ。
もともと直6を収めていたのでエンジンルーム内の「長さ」に問題はなさそうですが、よくもここに巨大なタービンとV12を収めたな、という感じ(インテークパイプにはポリッシュがかけられ、芸術品のように美しい。このクルマが990万円というのはまさにバーゲン)。

smorky3

動画では高速道路に加えてトンネル内も走行。
エキゾーストサウンドよりも吸気音のほうがかなり大きく響いています。

ダッシュボード内に収められた計器には「LEAN(希薄)」とあり、燃調もかなり細かく調整できる模様。
なお、N2O(亜酸化窒素)噴射によって高回転域での伸びを獲得できる、とのこと。

smorky

それでは動画を見てみよう

こちらが「まさか」のトップシークレットV12スープラが走行する動画、Top Secret V12 Supra Ride Along! - Smokey Nagata's Legendary Supra」。
日産GT-Rやランボルギーニ・アヴェンタドールSVも登場します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , , ,