>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

ポルシェだけではなく多くのスーパーカーが犠牲に。なぜフランス人はすぐに暴動を起こして「燃やす」のか

放火や略奪は何の解決にもならない さて、フランス・パリで起きている反政府暴動、「黄色いベスト」運動。マクロン政権の発表した燃料増税(による生活の困窮懸念)がきっかけだとされていますが、とにかくパリ市街では大規模な破壊活動が行われ、シャンゼリゼ通りにあるブランドショップのショーウインドウが叩き割られて略奪が横行したり、あちこちで放火が頻発する始末。 こちらもオススメ、関連投稿クルマ好きには見逃せない!ドライバーのためにデザインされたセイコー×ジウジアーロ腕時計が19年ぶりに復刻ポルシェ718ケイマンのキーホ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

未来派から世紀末まで。ランボルギーニ・カウンタックやミウラの「もしも」系レンダリング9連発

クラシックランボルギーニは「IF系カスタム」の格好の標的 さて、山のように出てくる「もしも」系レンダリングですが、やはり人気なのは「過去のアイコニックなモデル」をオマージュしたもの。それらの中には、過去のモデルをそのままモディファイしたもの、はたまた現代風に解釈したもの、もしくは未来にまで行ってしまったものなどがあるようです。ここで、そういった「もしも」系レンダリングにはどんなものがあるのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカーを開発するというウワサに対し、「スバル単独でこれを開発するのは難しく、トヨタがこれに参加し、トヨタ側ではMR2としてこれを販売するのでは、という見解を示したもの。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore



>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「なんども言うがSUVは絶対にない。むしろハイブリッドとEVだ」

更新日:

| マクラーレンは何が何でもSUVは作らない |

マクラーレン北米の代表、トニー・ジョセフ氏がメディアに語ったところによると、「(トラック22プランで公開したとおり)マクラーレンはハイブリッド、EVの開発を進めるが、SUVは作らない」とのこと。
これはすでに何度か本社経由でも語られていることではありますが、北米という本社から離れた地においても同様のコメントを行うということは、それだけ「マクラーレン全体で意思が統一されている」ということになりますね(トップと末端でバラバラの意見を言う会社も多い)。
とくに北米はSUV人気が高く、販売現場からすると「SUVがあればもっと売れるのに」と言いそうなものですが、それでも支社に至るまで「スポーツカー/スーパーカーだけで勝負する」という鋼鉄の意思を持っているようです。








まだまだハイブリッド、EVの性能には満足できない

現在SUVはベントレー、ランボルギーニからも登場し、ロールスロイスも「カリナン」を発表したばかり。
さらにフェラーリ、アストンマーティンもSUVを発売する予定で、これまでSUVとは縁がなかったブランドも続々これらを発表することに。

そんな状況であってもマクラーレンは「ほかがSUVを発売しようとも、マクラーレンがSUVをラインアップに加えることは絶対にない」と断言。
かつ、「2シータースポーツカー/スーパーカーに集中する(3シーターの例外はありそうですが)」とも語り、その理由としては「現在でも十分儲かっているから」。

そういった状況にあるために、利益のためにSUVを発売してブランドイメージを崩すよりも、確実にスポーツカー/スーパーカーブランドとしての地位を固めたほうが得策であると判断したようで、たしかに周りが純粋に「スポーツカー専業」と言えなくなってきている今、マクラーレンはある意味貴重な存在になっていることは間違いありません。

ただし懸念もいくつかあり、それは多くのメーカーがスーパーカービジネスに参入していること。
アストンマーティンも「新型ミドシップ」にてマクラーレンの領域へと出てくることになり、アルファロメオもF1参戦を期に「8C」を投入してスーパーカーの世界へカムバック。
そのほかにもエレクトリック・スーパーカーの投入を考えるスタートアップも多数あり、この先スーパーカー市場は「供給過剰」になる可能性があるわけですね。

そういったときに「SUV」を持っているとひとつの逃げ道を持つことになりますが、マクラーレンにはそれがなく、「スポーツカー/スーパーカー一本で勝負せねばならない」ということに。
よって魅力的なモデルを出し続けないと一気に販売が落ちてしまう可能性もマクラーレンは秘めている、と考えて良さそう。



「ハイブリッド」「EV」もまだまだ開発途中

なお「ハイブリッド」「EV」については今のところ優位性があるわけではなく、こちらもこの先どうなるか不明。
マクラーレンはハイブリッドとして「P1」を発売しているものの「ハイブリッドシステム抜きのP1も発売しようとしていた」ことが明らかになっており、最近発表されたばかりのハイパーカー「セナ」もハイブリッド非装着。

実際に「現在のバッテリー技術では求める要件を満たせない」とも発言していて、とくにEVだと「ものの数十分でバッテリーを消耗しきってしまう」ためにサーキット走行にはまったく対応できないようですね。

Mclaren BP23

マクラーレンには新株主も加入

なお、この5月にはマクラーレンの新株主としてカナダのマイケル・ラティフィ氏が参加。
約300億円分の投資をマクラーレンに行い、来年に88万8135株を持つことになる、と報じられています。
このマイケル・ラティフィ氏はフォースインディアのテストドライバーであるニコラス・ラティフィ選手の父であり、今後は同氏の意向も経営に反映されることになるのかもしれません。

マクラーレンの株主としてはサウジアラビアのマンスール・オジェ氏、バーレーンの王立ファンドの名がありますが、マイケル・ラティフィ氏は「三番目の」株主となる模様。
マイケル・ラティフィ氏はマクラーレンのブランド、技術に対して強い思い入れがあり、かつビジネスとしても魅力を感じたために今回の投資に踏み切ったとされますが、実際に株式を手にする来年以降、どう影響力を発揮するのは注目したいところですね。

合わせて読みたい、マクラーレン関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.