ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】ミッション:インポッシブル/フォールアウトではBMW M5が大暴れ。遠隔操作など専用装備も

| ミッション:インポッシブル/フォールアウトではBMW M5が大暴れ |

トム・クルーズ主演、ミッション・インポッシブルシリーズ最新作、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」に特別仕様のBMW M5が登場。
今回BMWがその予告編と自社の映像とを組み合わせたティーザー動画を公開しています。
BMWとミッション:インポッシブルシリーズとのタイアップは2011年の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」にはじまり、劇中ではBMW i8のコンセプトモデルが登場。
歩行者検知システムなどBMWの持つ先進機能を周知できる使い方がなされていましたね。

映画ならではの「特別装備」も

今回のミッション:インポッシブル/フォールアウトでは1986年の5シリーズに加えてM5、そして7シリーズ、BMWモトラッドからはR nineTスクランブラーも登場。
新旧5シリーズが登場していることからもBMWが「5シリーズ推し」であることがわかりますが、動画を見るとスマートフォンによるリモートコントロール走行が可能となっています。

↓サイモン・ペグ(ベンジー)は脇役で大作に出演している比率が高く、実は相当に稼いでいると思われる

mission-impossible2

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションではやはりBMWに指紋認証式のエントリーなど「実際にはない」機能が装備されて観客を楽しませてくれましたが、今回も同様に数々の「スパイ映画ならでは」の機能がありそう。※それでも007シリーズに比べるとかなり地味

なおミッション:インポッシブルは今回の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」で6作目。
「ミッション:インポッシブル」「ミッション:インポッシブル2」「ミッション:インポッシブル3」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」と続きますが、2作目の「ミッション:インポッシブル2ミッション」のみがちょっと異色。

というのも、第一作目ではトム・クルーズ(イーサン)は腕利きのスパイではあるもののチームワークによって困難なミッションを成し遂げる人物として描かれており、かつ勇気と大胆な行動力、そして機転によってピンチを切り抜けるという、つまり「普通の人間の延長であり、スーパーマンではない」人物であったわけです。
そのため劇中では「うろたえる」シーンもあり、そこがまた人間味を感じさせたところだったのですが、「ミッション:インポッシブル2」ではソロで活躍する”スーパーマン”になってしまい、完全に「常人からかけはなれた」存在に。

実際にトム・クルーズも「ミッション:インポッシブルた特殊だった」と語っており、3作目移行は徐々に軌道修正を行い、「チームでミッションを達成する」という方向へ向かっているようです。

ぼくとしては、やはり記憶に残るのがミッション:インポッシブル3にてランボルギーニ・ガヤルドが爆破されるシーンで、「いい車だったのに」と惜しまれながらも吹っ飛ぶ場面。

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの予告編を見てみよう

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの公開は8月3日(金)から。
相変わらず「すげえなオイ」というアクションがテンコ盛りのようですね。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , ,