>ポルシェ911関連 ■ニュース

1台あたり200万円近い利益を誇るポルシェ。業績好調につき、従業員に平均121万円のボーナスを支給すると発表

さらにこの利益は今後も拡大しそう ポルシェが業績好調につき、最大で9700ユーロのボーナスを従業員に支給する、と発表。「最大」というのは個々の労働時間や勤続年数等によってその額が異なるためで、しかし25,000人が支払の対象になる、とのこと。なお、ポルシェはここ数年ずっとこの特別ボーナスを支給し続けており、2015年には8,600ユーロ、2016年には8,911ユーロ、2017年には9,111ユーロ、2018年には9,656ユーロを支給しています。 ポルシェが業績好調につき毎年恒例の臨時ボーナス支給。20 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが「タイカン」クロスツーリスモ」を2021年に発売、と発表。タイカンに続き一気にエレクトリック化を加速

もう後戻りはできない ポルシェが新型エレクトリックカー「タイカン」のティーザーキャンペーン開始にあわせ、そのワゴンモデル「タイカン・クロスツーリスモ」を2021年に発売する、と発表。ポルシェは2019年9月にタイカンを正式発表する計画を持っており、その翌年には最初の派生たるタイカン・クロスツーリスモを発売することになりますね。 なお、ぼく個人的にはタイカンよりもタイカン・クロスツーリスモのほうがバランス的に優れると考えていて、というのもタイカン・クロスツーリスモのほうが車体に対してトレッドが広くタイヤも大 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレンF1の知られざる部分。「マニュアルには乗降方法が書いてある」「真後ろは見えない」「速度計は400km/hまで」etc.

ここまでマクラーレンF1の詳細を紹介した動画今までになかった アメリカ在住のクルマ系ユーチューバー、ダグ・デムーロ氏がマクラーレンF1のレビューを公開。 マクラーレンF1は1993-1998年の間に生産された車で、「センターシート」「ゴードン・マレー設計」「エンジンルーム内側は放熱性のためだけに金を使用(豪華にしたかったわけではなく機能を重視しただけ)」「工具も軽量性を重視してチタン製」「新車価格価格1億円(それでも赤字)」などなど、数々の伝説を持ち、 近代のクルマではもっとも高価(17億円くらい)で取引 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】まだまだ上には上がいた!フェラーリやランボルギーニ、ポルシェの超希少車ばかりを100台以上保管するフランスのガレージ

一方でパガーニやケーニグセグなど新興ハイパーカーの姿は見られない 世界にはまだまだとんでもないコレクションを収めるガレージがあり、おなじみユーチューバー、Shmee150氏が今度はフランスから驚愕のコレクションを紹介。なお、ガレージに収まる希少車の数は100台以上だと紹介されていて、しかしその中に「頭数あわせ」などはなくランボルギーニ・チェンテナリオ、ラ・フェラーリ、フォードGT40、ブガッティ・ヴェイロン、カレラGTなど「マストアイテム」がしっかり揃います。 そしてガレージは「2箇所」に分かれ、そのうち ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ブガッティ・シロンをカスタムする唯一のチューナー「マンソリー」!その常識はずれっぷりを見てみよう

総額どれくらいかかっているのかは全く不明 ジュネーブ・モーターショーにはマンソリーがそのカスタムカーを大量に展示していましたが、ユーチューバー、Shmee150氏がマンソリーによるブガッティ・シロンのコンプリートカー「センチュリア(Centuria)」を動画にて紹介。そもそもシロンをカスタムしようと考えるチューナーはマンソリーをおいて他にないと思われ、それだけにカスタム内容も常軌を逸していて、外装パネルのほぼすべてをオリジナルデザインの「鍛造カーボン」へと入れ替えています。 マンソリーがなんとブガッティ・ ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産「次期フェアレディ、GT-Rは開発下にある。ただしまだ詳細を語ることはできないが」。

未だ方向性を決めかねている模様。この様子だと登場まであと4−5年はかかりそう 日産はつい最近、1年半ぶりとなる新車「デイズ」を公開していますが、このニュースを見たときに「1年半も新車を発売していなかったのか」と驚かされることに。そこでときおり話題にあがるのがGT-R(R35)とフェアレディZ(370Z)の後継モデルで、これらについては今のところ確たる情報が無い状態。過去に何度か「開発に着手」と報じられるものの、GT-Rは2007年、フェアレディZは2008年の登場なので、両方とも10年以上が発売から経過し ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、ホイールは二種類が確認可能

BMWはトヨタ・スープラの成功を尻目に何を思う 先日、欧州に続いてアメリカ仕様の新型トヨタGRスープラが発表され、そのボディカラーが全8色であることが判明(日本ではどうなるのかわからない)。そして今回、おそらくは工場から輸送される途中と思われるGRスープラが目撃され、積車に「アブソリュート・ゼロ・ホワイト」「ルネッサンス・レッド2.0」「ニトロ・イエロー」のスープラが積まれている画像が公開されています。 日本でも予約開始された新型スープラ。すでに最上位グレード”RZ”は「完売」状態に。加えて米国ではボディ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982)

ポルシェ718ケイマン洗車、いつの間にかボディやホイールには飛び石キズが。飛び石キズはこうやってできる

プロテクションフィルムで保護する方法もあるが さて、ポルシェ718ケイマン洗車。この時期は融雪剤や雪そのものでクルマが非常に汚れやすい季節でもあり、洗車は比較的慎重に行う必要があります。というのも融雪剤自体が「ザラザラ」していて、うかつに擦ってしまうとヤスリのようにボディの塗装面を傷めてしまうため。よってこの時期には水や泡を通常より多めにして洗車するようにしています。 こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴェネタ、エルメス製品を合体ポルシェ718ケイマ ...

ReadMore

>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェが「カイエン・クーペ」を電撃発表!キャビン上半分がすべて新しくなりカーボンルーフも選択可能に。「カイエンが持つものは全てここにある。もちろんその”上”も」

ポルシェはカイエン・クーペに相当な力を注いだようだ ポルシェが「3月に発表する」としていた”カイエン・クーペ”が突如として公開に。3月というとジュネーブ・モーターショーが開催されているものの、そこで発表せず、しかしその直後に発表するという、これまでにない動きを見せています。一見した印象だと「正直カッコイイ」というもので、これまたポルシェの販売を大きく伸ばすことになりそうなクルマですね。 こちらもオススメ、関連投稿変わっていないようで結構変わった新型ポルシェ・カイエンを見てきた。内装は新型911もこんな感じ ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデルXにカーボン製ワイドボディキットを装着。内外装は「ブラック×オレンジ」で統一

テスラはカスタムするとここまで格好良くなる テスラのチューン&カスタムが得意な「Tスポーツライン(T Sportline)」がその最新作を公開。これはテスラ・モデルX P100Dをベースにワイドボディキット「T Largo」を装着したもので、そのオーバーフェンダーは「片側5センチプラス」。キットそのものにはオーバーフェンダーの他にフロントエプロン、バンパー、サイドスカート、リアディフューザー、リアウイングが含まれ、それらはすべてカーボンファイバー製。 こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マクラーレン(McLaren)

ランボルギーニ「少なくとも今はピュアEVは”ない”。既存のいかなるバッテリーも我々の基準に満たない」

投稿日:

| 現在世に存在するバッテリーはランボルギーニの基準を満たさない |

「市場の予測がどうであろうとも、ランボルギーニは現在フルエレクトリックモデルを作ることは考えていない」とのこと。
これはAutonewsのインタビューにランボルギーニの技術部門トップ、マウリッツォ・レッジャーニ氏が語ったものですが、「我々の目的はスーパースポーツカーを市場へと送り出すことだが、現時点で我々が納得できるバッテリーパックは存在しない。加えて、スーパースポーツカーとは”感情に響く”ものでなくてはならず、直感に訴えかける加速を持ち、それがドライバーの感情を掻き立てるのだ」とも。








ランボルギーニはエレクトリックに無関心なわけではない

一方でランボルギーニは18ヶ月以内にはウルスのハイブリッド版を発売する予定で、これはポルシェ・カイエン・ハイブリッドに採用されるシステムを使用し、680馬力程度を発生する見込み。
加えてポルシェ、アウディともにEV向けのプラットフォームを開発中で、ピュアEVの開発についても積極的に取り組んでおり、同じグループに属するランボルギーニは「いつでも」これら技術を使用できる環境に。

この状況はフェラーリやマセラティ、アストンマーチンとは全く異なるものであり、そのためランボルギーニは「ギリギリまでガソリンにとどまれる」のかもしれません(ほかメーカーだと今から研究してゆかないと”来るべき”EV時代に間に合わない)。

実際のところランボルギーニはこれまでもポルシェ918スパイダーの技術を使用した「アステリオン」をコンセプトカーながらも発表していて(7億円くらいで販売したらしい)、完全なるスタディモデルながらもMIT(マサチューセッツ工科大学)と協力して「テルツォ・ミッレニオ」も発表。
つまり「まったくエレクトリック化に無関心」ではなく、「挑戦してみたからこそ、今はその時ではない」と理解できたのかもしれません。

実際にマクラーレンも「P1」にてハイブリッドシステムを搭載しているものの「セナ」ではそれを外しており、かつ「フルエレクトリック」スーパーカーのテストを行っているものの「ものの30分程度でバッテリーが無くなる」とも。

ランボルギーニ自身、「ニュルブルクリンクをフルパワーで三周は走れる」ことを最低条件としているようですが、バッテリー技術的に(温度管理も含め)現行技術では達成できない→よって今はフルエレクトリックを考えず、(ポルシェが)ソリッドステートバッテリーを実用化してからまた考えよう、というところかもしれませんね。

あわせて読みたい、ランボルギーニとエレクトリック関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.