>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

| スペックや価格は不明ながらも、すでに25,000人が予約済み | ホンダ初のEV、「ホンダe(Honda e)」の先行予約がイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーにて開始。予約はオンラインのみでの受付となり、すでに開設された「ホンダe」のコンテンツから入り、ボディカラーを選んだ後に「予約を確定」する流れとなっています(英国だと800ポンドの保証金を支払う必要がある)。なお、日本のホンダ公式サイトではまったくホンダ eに触れられておらず、これはまったくの「謎」現象。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスがブランド「115周年記念」ワンオフモデル準備中。秋に開催の競売にてお披露目と報じられる

| ロールスロイスはオークションをワンオフモデルの宣伝に活用? | ロールスロイスとRMサザビーズ(オークション開催元)が、「今年の秋に、ブランド115周年を記念し、ファントムベースのワンオフモデルを出品する」と発表。現在のところその詳細はわからず、しかし「明るいレッドにペイントされる」ということが明かされています(中国人の落札を期待しているのかもしれない・・・)。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向けた別世界のラグジュア ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWが公式にてM8試乗の様子を公開。エンジンやサス、ステアリングに加えて駆動方式やブレーキの「効き」までもドライバーが調整可能

| ここまで調整幅が広くなると、もう本当の姿がわからない | BMWが新型M8につき、最新のティーザー動画を公開。これまでもティーザー画像そして動画を公表しているものの、今回の動画はそのラインナップ、走行性能や技術に踏み込んだものとなっていて、これを見るに新型M8はかなり期待できそう。まずラインナップについては、「M8クーペ」「M8クーペ・コンペティション」、「M8カブリオレ」「M8コンペティション・カブリオレ」からスタートするとのこと。

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

VWグループがブガッティ、ランボルギーニを売却する可能性があるとの報道。ブガッティは中国企業が売却対象として有力

| ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニはVWの考える”エレクトリック化構想”にマッチしない | 現在フォルクスワーゲングループには、フォルクスワーゲンを筆頭にアウディ、ブガッティ、ポルシェ、ベントレー、ランボルギーニ、シュコダ、セアト、ドゥカティ、イタルデザインといったブランドが集結していますが、フォルクスワーゲンは2030年までに大きく組織を再編成し、いくつかのプレミアムブランドを切り捨てる可能性がある、とのこと。そして驚くべきことにランボルギーニそしてベントレーもその候補に挙がっていると報じられて ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!加速動画に続き国内ではZ4との比較、4気筒モデルの試乗レビューも

| BMW Z4のほうが”しっとり”、スープラは”スっと入る”らしい | 新型トヨタ・スープラがメディアに貸し出されるようになり、続々その試乗レビュー動画が公開されています。その内容はいずれも肯定的で、相当に高いポテンシャルを持つであろうことが伝わるものばかり。スープラはとくに北米において神格化されており、今回のA90スープラについては「BMWとの共同開発」ということで”これは真のスープラではない”と見る向きも(一般消費者の間で)多いようではあるものの、実際のスープラは「そんなことはどうでも良くなる」くら ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・テストドライブ・プラス最終章。ウラカン・ペルフォルマンテ、ウルスの二台でワインディングを走る

| ランボルギーニ・ウルス、ウラカンはゆっくり走っても楽しい | さて、ランボルギーニの試乗イベント「Lamborghini Test Drive Plus」での最後のプログラム、「公道走行」。これまでは「サーキット」「オフロード」での走行を紹介してきましたが、今回は公道走行含めて総括となります。 投稿【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦し ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】1000馬力級の新型フェラーリの目撃動画続々!中には「追跡を振り切られた」ドライバーも

| 残念ながら削除された動画も | 5月31日に発表される新型フェラーリですが、これの目撃例が相次いで公開。先日はインスタグラムにて一般人がイタリアにてこのプロトタイプを撮影した動画を公開していますが、今回はそのフルレングス版もYoutubeにアップされています。なお、この新型フェラーリは「ハイブリッドシステム」を積み、986馬力を発生する”ハイパーカーなみの性能”を誇ることがフェラーリによって明かされています。加えて、812スーパーファストの上に位置する「フラッグシップ」となることもフェラーリCEOの発 ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

世界最速のレンタカー?米Sixtが専用カラーにてカスタムされたシェルビー・マスタングのレンタルを開始

| レンタルアップ後は一般を対象に販売も | 以前にレンタカー会社「ハーツ」が5リッターV8、435馬力のシェルビーGT-Hをレンタカーに導入したことで話題になりましたが、今回は別のレンタカー会社、Sixtがシェルビー・マスタングGT-S(5リッターV8、600馬力)を用意した、と発表。ボディカラーはSixtのカンパニーカラーでもあるブラックとオレンジにペイントされ、つまり「専用に製造された」ということを意味します。 まさに最速のレンタカー。マスタングベースのレンタカー専用限定車「シェルビーGT-H」登場 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「世界初」オープン仕様のセーフティカーとしてi8ロードスター投入。しかもウインドウをカットして「スピードスター仕様」にコンバート

| セーフティカーでここまで改造するのは珍しい | BMWがフォーミュラE向けのセーフティカーとしてi8ロードスターを導入。BMWは過去にもクーペバージョンのi8をフォーミュラE用セーフティカーに導入したことがあるものの、今回はオープンモデルの「ロードスター」、しかもさらにトップをチョップして「スピードスター」へと改造したワンオフ車両を制作しての投入です。なお、今回のi8スピードスターは「モナコE-Prix」限定での採用とのことですが、F1ドライバーも「モナコ専用ヘルメット」を着用することがあり、やはり「 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

マスタングのSUV版が現実に!ピュアEV「マッハE」として今年後半に発表とのウワサ

| テスラ・モデルXのライバルとして発売か? | いろいろとウワサとなっていた「マスタングのクロスオーバー」が実現する模様。このクロスオーバーはピュアエレクトリックカーとなり、その名称は「マッハ1(Mach 1)」もしくは「マッハE(Mach E)」になるとされ、一回の充電あたり走行可能距離は600キロ。そしてマスタングのバリエーションであるからにはスポーティーなドライブフィールを持つとされ、今年後半にも発表される、とも報じられています。 こちらもオススメ、関連投稿これいくらで落札されるん?空調入りガレー ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

ポルシェ・ミッションEの市販モデルは「Taycan(タイカン)」に。ポルシェ各車のネーミング由来を見てみよう

投稿日:2018/06/09 更新日:

| ポルシェ・ミッションEの正式名称は「Taycan」に |


ポルシェが70周年記念を迎えた当日、ミッションEの市販モデルの名称について正式に「Taycan」となることを公表。
読みは「タイカン」もしくは「テイカン」になるかと思われますが、近日中にポルシェ・ジャパンより発表があるものと思われます。※フォントの雰囲気はこれまでと同じながらも、ちょっと端が角ばっている
今回ポルシェは来年から生産を始めることにも言及。

ポルシェ曰く「Taycan」は”生き生きとした若くい馬”をあらわしているとのことですが、”馬”とはポルシェのエンブレム中央にあるシュトゥットガルト氏の紋章を指すものと思われます。








モデル名の由来は「ユーラシア」

さらにポルシェは「我々の新しいエレクトリックスポーツカーは強力で信頼性が高く、長い走行レンジと自由をあらわすものだ」とも。
ネーミングは「ユーラシア由来」とのことで、つまり欧州とアジアに起因するものだと思われるものの、現時点でその意味や起源は不明。

今回ちょっとだけその「Taycan」に採用されるシステムが公開され、まずモーターはPSM=permanently activated synchronous motorsと呼ばれる2モーターで、「600馬力以上」を発生。
0-100キロ加速は3.5秒、時速200キロまでは12秒以下で到達し、一回の充電あたり走行距離は欧州の基準で480キロ、とされています。

ポルシェ各モデルのネーミングにはこんな意味がある

なお、ポルシェの各モデルには明確な意味があり、たとえば「911カレラ」の「カレラ(Carrera)」はスペイン語で「レース」。
911のレーシングバージョンがカレラであったということになりますが、いまでは「(GT系が上位に位置するので)カレラはベースモデル」なのが面白いところですね。
「911」はコードネームとなり設計された順番を本来示すものですが、911については「ちょっとしたドラマ」、そしてなぜ「9」を使用したのかについても歴史があります。

「ボクスター(Boxster)」は「ボクサーエンジン(Boxer Engine)」と「ロードスター(Roadster)」とのハイブリッド造語で、「ケイマン(Cayman)」はワニの一種。
この「ワニ」については敏捷さ、シャープさをあらわしている、とされています。

ポルシェは近年、ボクスターとケイマンとを統合して「718」としてリニューアルしていますが、「718」とはポルシェ往年のレーシングカーの名称(コードネーム)。
同時に2ドアのスポーツカー系は「911」「718」といった3桁の数字をその名称に、4ドア/5ドア系にはなんらかの名前を与えるといった定義づけを行なっており、つまりミッションEは後者に分類される、ということに。

そのほか「カイエン」はアフリカ原産の「カイエンペッパー」に由来し、これは冒険心やエキゾチックさを表現。
「パナメーラ」は””カレラ・パナメリカーナ(長距離レースの名前)”から。
「マカン」はインドネシア語で「虎」を意味し、パワーやダイナミズムを表現(このため、一部北米ではマカンのプロモーションに虎が駆り出され、動物虐待だと指摘されたことがある)。

Panamera Turbo S E-Hybrid Sport Turismo



今回ポルシェは動画も公開

こちらがそのミッションE=Taycanであることを示す動画、「The first all-electric Porsche: name revealed.」。
ポルシェのエンブレムから始まり、その特徴的なバー状テールランプを強調した内容に。
このテールランプは同じグループに属する「ブガッティ」シロンにて採用されたものとよく似ていて、その光り方が非常にグラフィカル(単に点灯するだけではなくインジケーターのように点灯する場所を変えることができる)。

実際にこれが市販モデルのTaycanに採用されるかどうか不明ではあるものの、市販モデル名の名称とともに公開された動画であることを考えると「実際に市販モデルに採用」される可能性が高そう。

なお、ストップランプ連動(もしくはスモールランプ連動?)にて「PORSCHE」文字が発光していますが、これは同日に発表された「ポルシェ911スピードスターコンセプト」とよく似た意匠で、今後ポルシェはこれを積極的に採用してゆくのかもしれません。

関連投稿:ポルシェ「我々の作るEVは完璧だ。テスラのようにオーバーヒートしない」

Porsche-Mission-E-Concept-4

ポルシェがミッションEコンセプトの市販モデルについてコメント。
テスラ・モデルSの「ラディキュラス・モード」に触れ、ポルシェの作るEVはテスラのように不完全ではなく、繰り返しハードな走行をしてもバッテリーやコントロールユニットはオーバーヒートしない、と強調。

ポルシェが他社製品について触れるのは非常に珍しいですが、それだけポルシェを本気にさせたのがテスラということなのでしょう。

なおポルシェは高い技術力を持っていますが、実際にそれらが製品化されるのは他メーカーと比べても結構遅い方です。
ツインクラッチも元はと言えばポルシェの技術ですが、VWやアウディよりもずっと後になって市販車に搭載され、ダウンサイジングターボエンジンも同じですね。

それには「完璧でないものは発売しない」という信念のようなもの、そして「たとえ発売が遅れようとも(発売後には)勝てる」という自信があるのだと考えられます。

なお逆に「一番目」にこだわるのはBMWやアウディで、レーザーやOLEDについては両者しのぎを削っている状態ですね。

とにかく、ここまでポルシェが言うからにはミッションEコンセプトの市販モデルは業界最高レベルの性能と信頼性を持っていると考えてよく、かなり期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->ポルシェ911関連, >ポルシェ・ケイマン関連, >ポルシェ・ボクスター関連, >ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・マカン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連, >ミッションE/タイカン関連, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.