>ポルシェ911関連 >ミッションE/タイカン関連

未来のエレクトリック化されたポルシェ911はこうなる?タイカン風の「911ミッションE」

投稿日:2018/07/02 更新日:

| エレクトリック時代の911はミッションE(タイカン)風に? |

CGアーティスト、Dejan Hristov氏の考えた「エレクトリック時代のポルシェ911」、”911ミッションE”。
その名の通りミッションEコンセプトにインスパイアされたもので、たしかにリアはミッションEコンセプトにそっくり。
911そのものは992世代の後半、つまりフェイスリフトを受けるであろう2022年にプラグインハイブリッドモデルが登場するだろうとポルシェ自身が語っており、その次の世代あたりでは「フルエレクトリック911」が登場する可能性も。

ミッションE(テイカン)は悲運のクルマ?

なおポルシェ・ミッションEコンセプトは「Taycan(タイカン)」と名を変えて市販されることが明らかになっていますが、このテイカンに使用されるプラットフォームは「テイカン1世代で終了」となる可能性が大。
というのも現在ポルシェとアウディは共同して次世代プラットフォームを開発しており、今後投入するEVについて、ポルシェはこの新型プラットフォームを使用すると見られるため。

どのみちテイカンの次期モデルが登場する頃にはソリッドステートバッテリーが実用化されていると思われ、となるとリチウムイオンバッテリー搭載を前提に設計されたテイカンのプラットフォームは「そのまま使用できない」可能性もあり、これ(発売前からその運命が決まっていること)はまだまだ発展途上にあるEVの宿命だとも言えそうですね。

porsche-taycan3

今回のレンダリング「911ミッションE」について、ルックスはかなり「未来的」。
フロントはEVであるためエアを取り込む必要がなく、そのため「グリルレス」。
ヘッドライトは「クワッドLED」が確認できるもののこれもやはり未来志向のデザインで、あわせてドアミラーもカメラへと置き換えられている模様。

porsche-taycan

リアウインドウはガラスではなくCピラーと一体化したパネルとなっていますが、これは後方確認はカメラで行うことを前提としているためなのかもしれません。

なお、パーツとして「ガラス」はかなり重く、そのガラスをはめこむための「開口部」はボディ剛性を下げることになるので、リアウインドウを廃止して「ボディ一体化」とすることは軽量化や低重心化、剛性アップにとって「理にかなった」手法だと言えそうです。

あわせて読みたい、ポルシェとEV関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ911関連, >ミッションE/タイカン関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.