ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

ACシュニッツァーチューンのBMW M5がザクセンリンクでコースレコード樹立。アヴェンタドールSV、911ターボSより速いタイム

2018/06/19

| ACシュニッツァーBMW M5があっさりとコースレコード樹立 |

ACシュニッツァーがザクセンリンク(Sachsenring)サーキットへ自らチューンしたBMW M5(F90)を持ち込み、1:31,71にてコースレコードを記録した、と発表。
このタイムはランボルギーニ・アヴェンタドールSV、ポルシェ911ターボSよりも速いタイムだとされ、要は「とんでもなく速い」数字ということになりますね。
しかも記録を出した当日にはじめてサーキットを走行させた車両(つまりセットアップも進んでいない)で、エンジンチューン(600馬力から700馬力へ)に加え、装着したパーツは「エアロパーツのみ」とのこと。※このパワーアップキットも開発中で、発売時にはもっと高出力になる可能性も

しかもまだまだ開発段階

エアロパーツはカーボン製のフロントスポイラー、フロントスプリッター、リアディフューザー、リアウイング、インテリアだとパドルシフター。
パワーアップの内容は不明ですが、エキゾーストしてステムは開発中ではあるもののカスタム品へと交換されているようです。
おそらくACシュニッツァーとしては開発に向けた「テストのために」今回M5をザクセンリンクへと持ち込んだのだと思われ、しかし「予想外にいいタイムが出た」ので公表に踏み切ったのかもしれませんね。

なお、ザクセンリンクのタイムで、今回のACシュニッツァーM5近辺だとこんな感じ。

ACシュニッツァー BMW M5 F90: 1:31.71
ランボルギーニ・アヴェンタドール LP750-4 SV: 1:31.79
ポルシェ 911 ターボS: 1:32.30
ACシュニッツァー BMW M3: 1:33.90
BMW M5 F90(ノーマル): 1:35.55

パワーアップとエアロパーツだけでこの数字が出てしまったことにも驚かれますが、これはやはり「M5の持つポテンシャルがそれだけ高い」ということも意味しているのでしょうね。

ACシュニッツァーはBMWのほかミニ、レンジローバー、ジャガーのチューンも行っていて、やはり有名なのはBMWのチューン。
BMW i8やM235iなどをニュルに持ち込んだりといった具合にサーキットへのチャレンジにも意欲を見せており、それだけに信用できるチューナーでもあります。

それでは動画を見てみよう

こちらがACシュニッツァーはシュニッツァーのチューンによるBMW M5が走る勇姿を収めた動画、「BMW M5 by AC Schnitzer - Sachsenring Rekord」。

VIA:AC Schnitzer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , , , ,