ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

美しいフェラーリ二連発。コントラスト強めのカリフォルニア、コントラスト薄めのF12 tdf

2018/07/06

| 珍しいカスタム/カラーのフェラーリが目撃に |

ferrari-california-1

なかなかに格好良いフェラーリが目撃に。
まずこちらはポルトガルで撮影されたカリフォルニア。
ボディカラーは「つや消し(マット)レッド」で、アクセントはブラック。
フロントスプリッターやホイール、サイドスカットル、サイドステップの一部がブラック化されていることがわかります。

かなり細かいところにまで手が入る

後ろから見てみると、ドアハンドル、ドアミラー、トランクリッドスポイラー、「Ferrai」エンブレム、跳ね馬エンブレムもブラック。
これらはいったん取外さないとペイントできないので、「外して、(エンブレムは)両面テープなどを取り去り、そして塗装し、再装着した」ということに。
サイズは小さくともかなり手間のかかる作業でありますが、このあたりオーナーさんが「こだわった」ことがわかります。

ferrari-california-4

そしてルーフは「ベルベット調」フィルムでラッピングされているように見えますね。

ferrari-california-5

かなりバランスよくまとまったカスタムで、これでテールパイプもブラックであればまさに「完璧」。

ferrari-california-2

シンプルなフェラーリF12 tdfも

一方でこちらはシックなフェラーリF12 tdf。
ボディカラーは(フェラーリとしては珍しい)ネイビーで、ホイールはメタリックグレー(マット仕上げ)。

ferrari-f12tdf-3

多くのフェラーリF12tdfはコントラストの強いカラー/アクセントやストライプを持つものの、このフェラーリF12tdfは逆にコントラストを抑えているようで、インテリアカラーも同系色の「ダークブルー」。

ferrari-f12tdf-4

さらにフロント、サイド、リアともにカーボンパーツが装着されていないように見え、「比較的珍しい」仕様だと思います。

ferrari-f12tdf-6

目撃されたのはミラノですが、後ろを走るマスタングがかなり「意外な存在」ですね。
なおフェラーリF12tdfのフロントにはナンバーがなく、イタリアでは装着義務がないのかもしれません(本国イタリアにおいてフロントナンバープレートの装着義務があったとすると、さすがにフェラーリはこの位置に跳ね馬エンブレムを取り付けないと思う)。

ferrari-f12tdf-2

あわせて読みたい、フェラーリF12 tdf関連投稿

VIA:Autogespot

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,