ad-728





>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【動画】シビック・タイプRが「三つ目」のコースレコード樹立。難コースでもその性能を立証

| 新型シビック・タイプRは「三つ目」のコースレコードを樹立 |

ホンダが新型シビック・タイプRにて「タイプR タイムアタック・チャレンジ2018」を継続中。
先日はフランスのマニ・クール・サーキットにてFF最速のコースレコードを樹立しましたが、今回はベルギーにあるスパ・フランコルシャン・サーキットにてFF最速となる「2:57.32」を記録。
なおドライバーはLMP2のチャンピオン、ベルトラン・バゲット選手だとアナウンスされています。

スパ・フランコルシャンは難コースのひとつ

スパ・フランコルシャン・サーキットは全長7キロとかなり長めのコースを持ち(だいたいは5キロくらい)、その天候がよく変わることから「スパ・ウェザー」という言葉が用いられるほど。
パワーが要求される直線やタイトなコーナーが組み合わされるタフなコースとしても知られ、高低差が大きいこと、下り坂終点からのカーブ「オー・ルージュ」などマシンに負担がかかることでも有名であり、ここで「FF最速」を記録したということはシビック・タイプRの「全方位での速さ」が立証されたと言っても良さそう。

コースレコードを樹立したベルトラン・バゲット選手によると「シビック・タイプRはサーキット走行のために生まれたようなクルマだが、同時に快適で日常性も備えている。実際に走行し、快適かつ視界も良好であったことを伝えたい」とのこと。

現在ホンダが新型シビック・タイプRで記録した「FF車のコースレコード」はニュルブルクリンク(7:43.08)、マニ・クール(2:01.51)に続いて今回で三つ目。
おそらく今後もチャレンジは続けられると思われ、さらに多くの記録が作られることになりそう。

なお「タイプR タイムアタック・チャレンジ2018」同様の試みは先代シビック・タイプRでもなされており、エストリル、ハンガロリンク、スルバーストーン、スパ・フランコルシャンでシビック・タイプRは「FF最速」の記録を保持。

あわせて読みたい、新型シビック・タイプR関連投稿

VIA:Honda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , ,