ad-728





>スウェーデンの自動車メーカー

新型ボルボS60発表。最新デザイン/プラットフォームが与えられジャーマンスリーを追撃

| ドイツ勢にはない「北欧デザイン」 |

ボルボが新型S60セダンを発表。
V60同様に最新のデザイン言語を用いた美しいセダンとなっています。
フロントには「トール・ハンマー」LEDが輝きますが、これは雷神トール(ソー)のハンマーであるムジョルニアをイメージしたもの。
トール(ソー)自体が北欧神話の登場人物で、そのためスウェーデンを拠点とするボルボは「わかりやすい」モチーフとしてこれを採用したのでしょうね。

新型ボルボS60は大きな飛躍

ボルボのセダンとしては最上位に「S90」があり、「S60」はミドルクラスという位置づけとなりますが、新型S60では高級さと軽快さ、そして洗練されたデザインとがうまくミックスされているようです。

加えて前後フェンダーの盛り上がりなど「筋肉質」なデザインも見られ、絞り込まれたフロント部などスポーティーな要素も(リアクォーターウインドウの処理がナイス)。

プラットフォームは「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ(SPA)」で、これは文字通り様々なモデルに「サイズを変えて」応用できるものでV60と共通だと報じられています。

2019-volvo-s60 (3)

新型S60のエンジンは「T5」グレードでは250馬力(FF)と316馬力(4WD)、「T6」はプラグインハイブリッドとなりシステム合計出力340馬力(4WD)、そして「T8」では同じくPHEV+4WDとなり400馬力に。

2019-volvo-s60 (2)

なおボルボは日本で「密かに」人気のあるブランドで、ここ最近大きく成長しており、輸入車だとメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、BMW、アウディ、ミニに次いで「6番目」のポジションを確保。
フィアットやルノー、プジョーよりも売れているということですが、今後も魅力的な商品構成によってシェアを伸ばしそうですね。

2019-volvo-s60 (1)

ボルボはこれまで「抑揚のない」デザインを好んできたようですが、S60ではややそれも変化。
凹凸や盛り上がり、高低差も表現され、ボンネットとトランクの高さが大きく変えられていることもわかります。

2019-volvo-s60

インテリアでは9インチサイズのモニターを持つインフォテイメントシステムを持ち、アップル・カープレイ、アンドロイドオートにも対応。
ボルボは現在中国の吉利汽車傘下ですが、吉利汽車は「コネクテッド」を重視したブランド「Lynk%Co」を展開しており、その技術がボルボにも今後アップデート等で反映されることになるのかもしれません、

現時点で日本への導入や価格は不明ではあるものの、北米での価格はT5で35,800ドルから。※日本だと現行S60は4,490,000円~
公開はアメリカのサウスカロライナ工場で行われており、生産も「中国ではなく(ボルボは生産を中国に集約する意向)」アメリカで行うようですね。

現行ボルボS60はこんなデザイン

こちらは現行S60(ボルボの製品ページはこちら)。
新型S60ではシルエットがより伸びやかになり、抑揚がついたこともわかりますね(現行はVWジェッタ、新型S60はアウディA5といった感じ)。

volvo (2)

こちらは現行のリア。
新型S60はより「セダンっぽい」デザインを持つことが見て取れます。

volvo (1)

あわせて読みたい、ボルボ関連投稿

VIA:Volvo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->スウェーデンの自動車メーカー
-,