ad-300x100-sp





>マツダ(MAZDA)

マツダがCX-5に2.5Lターボ搭載とのウワサ。「トリプルチャージャー」特許も取得し一気にターボ化?

| マツダはこれからターボへ向かう? |

マツダCX-5に「ターボエンジン」が搭載されるのでは、というウワサ。
これはカリフォルニア州(California Air Resources Board=CARB)にマツダが届け出たとされる書類からメディアが推測しているもので、書類ではCX-5に2.5リッターターボエンジンを積んでテストしている、ということを示しています。

なお、マツダは以前「(ロータリーエンジンを除くと)あまりターボが好きではない」ことでも知られ、しかしCX-9には2.5リッターターボを与え、さらにアテンザにも同じ2.5リッターターボエンジンを搭載することに。
この2.5リッターターボは250馬力と非常に強力で、これまでの2.5リッター自然吸気エンジンに比べて60馬力もパワーアップしています。※250馬力はハイオク使用時

小排気量エンジンのターボ化も希望

こういった流れを見るとCX-5も現行の2.5リッター自然吸気エンジンエンジンを2.5リッターターボエンジンへと置き換える可能性も十分にありそう。
なお、二種類の2.5リッターエンジンを作ること自体がロスに繋がりますし、価格訴求グレード向けには2リッターエンジンを採用することもできるので、2.5リッターターボ搭載モデルは2リッターエンジン搭載モデルと価格差を大きく設定し、マツダにとって「より利益の大きなモデルに」育て上げることも考えられます。

そこで気になるのが「他のエンジンはターボ化されないのか」ということ。
具体的にはロードスター/ロードスターRFに搭載される1.5リッター/2リッターエンジンですが、こちらのターボ化をぼくとしては非常に強く希望しているわけですね。

なお、マツダは以前に「2つのターボ+スーパーチャージャー」を組み合わせた「トリプルチャージャー」の特許を取得しており、この実用化についても大きく期待がかかります。

ちなみにマツダCX-5の販売は徐々に落ちてきているのが現状で、5月の国産車販売ランキングでは31位。
価格帯がちょっと上のトヨタ・ハリアーがターボエンジンを搭載し(338万円~)、こちらは比較的販売が堅調で24位となっていて、マツダとしてもCX-5に対し、なんらかの「テコ入れ」を行う必要があると考えているのかもしれません。

あわせて読みたい、マツダとエンジン関連投稿

VIA:The Truth About Cars

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->マツダ(MAZDA)
-, , , ,