ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレン最新モデル、600LTがニュルを周回中。「600LT」はロングテールではない?

| マクラーレン600LTは思ったよりもアグレッシブ |

すでにティーザーキャンペーンが開始されているマクラーレンのニューモデル、「600LT(仮)」のプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。
現時点では名称/スペックともに不明で、「570Sのハードコアバージョン」であることが判明している程度。

そしてマクラーレンは「ハードコアバージョン」について「ロングテール=LT」というポジションを与えており、そしてロングテールはもともと空力性能向上のために導入されたエアロパッケージであるため、「LT」についてはとくにエアロダイナミクスに重点が置かれた改良がなされているようです。

600LTの発表はグッドウッドにて

マクラーレン600LTの発表はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(英国)にて行われる予定ですが、今回のプロトタイプを見るに「かなり」大胆なエアロパーツを身にまとっていることがわかります。

カナード付きのフロントリップ、サイドウイング、リアバンパーが装着され、これだけ下回りにボリュームが集中したマクラーレンも珍しいと言えそう。
そして巨大なリアディフューザーとウイングも目を引くところですが、675LTのように「テールエンドを延長」しておらず、となると名称にも「ロングテール」が与えられないのかも。

mclaren-600lt-spy-photos (3)

マクラーレンによると「パワー増加」「軽量化」「エアロダイナミクス向上」「ドライバビリティ改善」が行われるとのこと。
この車両は販売数が相当に絞られた「限定」モデルになると思われますが、マクラーレンのカスタム車両制作部門「MSO=マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」によって製造されると予想され、つまり「かなり高価」になりそう。

↓フロントもけっこう尖っていることがわかる

mclaren-600lt-spy-photos (2)

リアフェンダーとテールランプとの境界に「段差」があるところからもリアフェンダーが拡大されている可能性があると推測していますが、リアタイヤの「厚み」が現行モデル(570S)に比較して大きく、つまりこれは「ホイールサイズは同じでも、タイヤ幅が拡大」しているものと思われます。

なおリアウイングのステーを見る限りでは「可動式」に見え、しかし完全格納はできないようですね。

mclaren-600lt-spy-photos

VIA:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >マクラーレン(McLaren)
-, , , ,