ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

このグリル、デカすぎ!新型BMW7シリーズ(フェイスリフト)のプロトタイプが走行中

| さすがにやりすぎ? |

BMWの7シリーズのフェイスリフトモデル(プロトタイプ)が走行中。
驚かされるのは「巨大なキドニーグリル」で、本当にこの顔で出るのか?という感じ。

なおBMWは現在キドニーグリルのデザインを変更しており、巨大化する傾向にはあるものの、SUVでは正方形に近く、スポーティーなモデルでは「横長」に。
加えて左右連結デザインを採用するようになっており、エレクトリックモデルではよりエッジを強調した「カクカクした」グリルフレームを採用する傾向にあるようです。

最近の新型BMWはこんな感じ

最新モデルである8シリーズ。
「横長」かつ「左右連結」トレンドを端的にあらわしています。

X5はSUVらしく、天地が高いデザイン。

iX3はグリルフレームだけではなく、グリルの中も完全に連結。

iヴィジョン・ダイナミクスもやはり連結。

この「デカグリル傾向」の最初はコンセプトX7が端緒ではと考えています。

新型7シリーズは全体的にシャープかつクリーンに

今回目撃された7シリーズのフェイスリフトモデルについては、おそらくトップレンジのM760i。
V12エンジンを搭載するモデルですが、Cピラーにおそらくは「V12」と記されたバッジが取り付けられているであろうことがわかります。
加えてバッジが取り付けられているということを鑑みるに、このプロトタイプは「プリプロダクションモデル」と考えて良さそう。

bmw-7-2

ホイールはより複雑なデザイン、そしてシャープな印象を受けるもので、BMWはここ最近「クリーンで硬質な」デザインを目指しているように感じます。

キドニーグリルのデザイン的傾向は上述の通りですが、ヘッドライト、テールランプが細く長くなっているのも最近のBMWにおける流れの一つで、新型7シリーズではこのあたりも「現在のBMWのトレンド」を反映させることになりそう。

bmw-7-3

テールパイプはマフラー内にインテグレーテッド。
これまでBMWはあまりマフラーエンドにはこだわらないブランドでしたが、最近はその傾向にも変化が見られ、X2や8シリーズなど「オシャレな」テールパイプを持つモデルも登場していますね。

ちなみに以前、CGアーティストであるJan Peisert氏が「次期7シリーズ」の予想レンダリングを公開していますが、次世代を待たずして(フェイスリフトにて)この画像の通りになってしまいそうです。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,