ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

新型メルセデス・ベンツGLCクーペ走行中。ヘッドライト内部が新形状を採用し光り方も変更に

| ヘッドライト内部がこれまでに見たことがない形状に |

メルセデス・ベンツGLCクーペのフェイスリフト版が走行中。
偽装されている範囲から推測するに「前後バンパー、ヘッドライト、テールランプ」が変更を受けるようですが、ヘッドライト(デイタイムランニングランプ)の発光方法が新しくなっていることがわかります。
今までは「眉毛」っぽい感じでヘッドライトの上部分が発光していたものの、この画像を見るとライトの下部分も光るように。

メルセデス・ベンツは「光り方」を模索中

メルセデス・ベンツはこういった「光り方」については後発で、BMWのイカリング、アウディのデビルアイに対していまひとつキャラクター性に欠けるというところも。
加えてBMWはイカリングをヘキサゴン(六角形)へと変形させており、かつ最新モデルのスパイフォトを見るとそのヘキサゴンもさらに変貌を遂げている模様。

アウディについてもその(デイタイムランニングランプの)発光形状をどんどん変化させ、最新の「A1」ではこれまでにない形状を取り入れていて、今後ほかモデルも大きくランプ類のデザインが変わってゆくであろうことが予想されます。

↓こちらが新型A1。 デイタイムランニングランプにつき、ストロボラインのような「破線」形状を持っているのがわかる

そういった中でメルセデス・ベンツも「新しい方法」を模索しているのだと思われ、まだまだ試行錯誤は続きそうですね(テールランプの”スターダスト・エフェクト”はすぐに終わってしまった)。

mercedes-glc

その他の変更点については現時点でははっきりしないものの、おそらく「段差の少ない、張りのある面」を強調したデザインが採用されるのは間違いなさそうで、これはアウディやBMWが「段差」を強調するのとは真逆の手法。
好き嫌いがわかれるかもしれませんが、最近のメルセデス・ベンツの車体デザインは非常に独特で、全体的な塊感のあるシルエットはほかメーカーでは持ちえないものだと思われます(とくにCLC/GLEクーペは識別性が高い)。

mercedes-glc2

メルセデス・ベンツ「GLB」も走行中

なお、メルセデス・ベンツは「GLB」を投入すると言われており、こちらはおそらくGLBと思われるプロトタイプ。
全身をフィルムで覆っているので雰囲気すら掴むのが難しい状況ですが、こちらはGLCクーペのフェイスリフトモデルとは異なり、ウインカー発光形状について「従来のデザイン」を踏襲しているようです。

GLBについては「Gクラス風のデザインが与えられ、ほかのGLファミリーとは異なるターゲットを狙う」とされているものの、まだまだ不明なところが多いニューモデルでもありますね。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , ,