ad-300x100-sp





>ベントレー(Bentley) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

ベントレーはグッドウッドにニューモデル3台を持ち込み。目玉はコンチネンタルGT3?

| 地元イギリスだけに気合十分 |

ランボルギーニがフルラインアップでのぞみ、トヨタは新型スープラを持ち込むと宣言した今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FOS)ですが、ベントレーは「ニューモデルを三つ」公開する、としています。
ベントレーは6月にパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムにて「SUV最速」の記録を樹立したばかりですが、これはバケットシート装着など軽い改造以外はほぼ市販モデルと同様。

パイクスピーク記録達成車両は凱旋帰国

ベントレーはこの偉業を記念し、ベンテイガのスペシャル・エディション「パイクスピーク・ベンテイガ」を発売するとすでに公開していて、今回グッドウッドへ展示する三台のうち一台はこのパイクスピーク・ベンテイガ。
同時に実際にパイクスピークを走ったベンテイガそのものも展示されるようですね。

さらには新型コンチネンタルGT(現地では初公開とのこと。意外)をグッドウッド・ヒルクライムへと参加させ、新型コンチネンタルGT3も披露するとしています。

なおベントレー・コンチネンタルGTは出力626馬力、0-100キロ加速3.6秒、トップスピードは333km/h。
先代に比べて大きくパフォーマンスが向上しており、こちらも「スーパーカーレベル」のスペックを持つスポーツクーペです。

一方で新型コンチネンタルGT3は今回が情報そのもの「初出」となるかと思われますが、先代コンチネンタルGT3も高いパフォーマンスを誇っていただけに期待のかかる一台。
なお先代コンチネンタルGT3はベースモデルに比べて「1トン」近く軽量化されており、逆に言えばコンチネンタルGTは1トン分の遮音材や電動化装備などの「快適化/快適デバイス」が装着されている、ということに。

特にベントレーのような高級車は吸音や制振・防音のための処理に多大なコストがかけられていると思われ、これらの除去が相当な軽量化につながると言えそう。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ベントレー(Bentley), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,