ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ最新情報がちょっとだけ。「デザインはヴァルキリーっぽい」

| 新型ミドシップは”ヴァルキリーっぽい”デザインに |

アストンマーティンはフェラーリ488GTBやマクラーレン720Sのライバルとなるミドシップスーパーカーを開発中ですが、今のところスペックや価格帯、そのデザインはまったく謎。
ただしアストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏が今回ちょっとだけ「新型ミドシップスーパーカー」について言及。

これは英国Autocarに語った内容だとされており、「新型ミドシップスーパーカーのデザインは、DBSやヴァンテージとは異なり、ミニ・ヴァルキリーといった感じになる」とのこと。

新型ミドシップスポーツは「ベイビー・ヴァルキリー」

ヴァルキリーはアストンマーティンにとってはじめての市販ミドシップカーですが、これを起点として「ミドシップスーパーカーを展開する」と以前より公表しています。
アストンマーティン=ミドシップという図式があまり一般的ではないため、アストンマーティンは「ヴァルキリー」でまずミドシップスーパースポーツの頂点にたち、そのイメージを活用して「量販モデル」の販売を有利に進めたいのだと考えられ、つまりヴァルキリーはもともと単独ではなく、ミドシップシリーズのフラッグシップかつイメージリーダーとして君臨することが予定されていたと言えそう。

さらにアンディ・パーマーCEOは「すでにフルサイズモデルがスタジオにある」としており、「デザイン的なチャレンジが存在するが、すぐにアストンマーティンだとわかるデザインだ」とも。

現時点でこのミドシップスーパースポーツについては2020年に発売もしくは発表されると目されており、エンジンは「非常に競争力がある」。
V12そしてメルセデスAMGより供給を受けるV8ツインターボ両方の可能性、さらにはハイブリッドの可能性もあるようですね(700馬力中盤くらいと言われている)。※2021年発売、V6搭載という説も以前にあった

なお、ヴァルキリーは「レッドブルとの共同開発」となっていますが、この新型ミドシップスポーツにもレッドブルが関与している、とのこと。
レッドブル代表のクリスチャン・ホーナー氏も「アストンマーチンの複数プロジェクトに関わっている」としており、かつアストンマーチン側も「ヴァルキリーの共同開発においては学ぶことが多かった」とコメントしており、ヴァルキリーだけではなく今後に渡り両者の関係が深まるのは容易に想像できるところです。

レッドブル側ではこの新型ミドシップスポーツについて、コードネーム”003”と呼んでいて、「かなりな」手応えを感じているようですね。

あわせて読みたい、アストンマーチンのミドシップスーパーカー関連情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , ,