■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これが992世代、新型ポルシェ911ターボだ!伝説の「5マイルバンパー」復活か

これまで何度かそのプロトタイプが目撃されてきた新型ポルシェ911ターボですが、今回はおそらく工場内で生産もしくはテスト中だと思われる992世代の911ターボの画像がリーク。これはインスタグラムユーザー「t_schleicher」氏によって投稿されたもので(まだ画像やアカウントは削除されていない)、奥の方に映っている赤い作業着からしても「やはりポルシェの工場内部」っぽい感じです。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore



>中国/香港/台湾の自動車メーカー

アポロ「インテンサ・エモツィオーネは簡単には運転できない。そのへんのハイパーカーとはワケが違う」

投稿日:2018/07/13 更新日:

| そう簡単には運転できない |

アポロ・アウトモビリのゼネラル・マネージャー、ライアン・バリス氏いわく、「インテンサ・エモツィオーネ(IE)」は特定レベルのスキルを持つドライバー向けに開発された車だ」とのこと。
同氏が語るには「最近のハイパーカーはどれも許容範囲が広い。快適で運転しやすく、誰もが速く走らせることができるが、同時にドライビングエクスペリエンスが希薄になっている」と指摘。








「GT1」マシンのようなダイレクトさを目指した

そしてアポロ・インテンサ・エモツィオーネはそういった「希薄になったドライビング・エクスペリエンス」を再び追求したクルマだと主張。
その方法の一つが「スムーズなデュアルクラッチではなく、扱いづらいがダイレクトなシーケンシャルトランスミッション(ヒューランド製で、ル・マンに参戦するマシンにも採用されている」の採用だとしています。

61ff5379-apollo-ie-driving-3

加えてハイブリッドシステムを採用せずに「6.5リッターV12(ラ・フェラーリのエンジン)」を採用したのも同じ理由、だととも。

なお、アポロが好むのは「GT1」カテゴリが存在した時代だとしており、そういった意味もあってメルセデス・ベンツCLK GTRなどのレーシングカーを制作してきたHWAと提携したのかもしれません。

メルセデス・ベンツCLK GTRは購入時にレクチャーが必要で、それを受けないと(技術的に)運転ができないほど操作が難しいとされており、並行輸入で購入した小室哲哉が「自分には運転できないとわかり、ずっと乗らずに置いていた」というほどのクルマですが、アポロ・インテンサ・エモルツィオーネもそれくらいのレベルだと考えて良さそうですね。

アポロ・インテンサ・エモツィオーネの構造はこうなっている

アポロ・インテンサ・エモツィオーネのシャシーはこんな感じ。
シートまで一体化したカーボンファイバー製バスタブシャシーで、サスペンションはダブルウィッシュボーン/プッシュロッド。
ダンパー/スプリングはビルシュタイン製でブレーキはブレンボ製だとアナウンスされています。

ジャシー単体だと重量105キロ、完成状態での重量は1250キロ。
マクラーレン570S/720Sやランボルギーニ・アヴェンタドールのようにカーボン製のセルに前後アルミ製のサブフレームをドッキングさせたものではなく、「前から後ろまで全部カーボン製」ですね。

2018-apollo-intensa-emozione13

あわせて読みたい、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.