ad-728





>フォード(FORD) >その他ポルシェ関連/ニュース

【グッドウッド】ポルシェは919EVOでマクラーレンの記録に挑戦。一方マスタングは自動運転で挑む

| ポルシェはまたもや記録に挑戦 |

さて、今年も開幕したグッドウッド。
各メーカーとも「ネタ」を持ち込んでおり、ここで順に紹介してゆきたいと思います。
まずは「ポルシェ」ですが、そのレーシングカー、919ハイブリッドEVOでグッドウッド・ヒルクライムの記録更新に挑む模様。
919ハイブリッド”EVO”はル・マンで優勝したレーシングカー、919ハイブリッドをポルシェが「レギュレーション無視で」改造したクルマ。

世界中のサーキットで記録更新を行うことを目的に活動しており、すでにスパ・フランコルシャンではルイス・ハミルトンがF1マシンで記録したコースレコードを、ニュルブルクリンクではポルシェが956Cにて保有していた最速記録を自ら更新しています。

グッドウッド・ヒルクライムでの「記録」はニック・ハイドフェルドが1999年にF1マシン(マクラーレン・メルセデス MP4/13)で記録したものだそうですが、今回ポルシェのモータースポーツ部門はポルシェGB(グッドウッドはイギリスでの開催)からの要請を受け、今回の「記録への挑戦」を決意した、とのこと。
身内からのヘルプであれば断ることはできず、ポルシェのモータースポーツ部門の侠気を感じるところです。

マスタングも新時代の記録に挑む

そして次は電子機器を中心とする多国籍企業、シーメンス。
シーメンスとクルマというのはあまり繋がりが無いように思えますが、「自動運転技術」では強いつながりを持っており、今回は1965年製のフォード・マスタングを「完全自動運転化」してグッドウッド・ヒルクライムに参加。

なお、グッドウッド・ヒルクライムは「コースの脇で」観客がクルマを見ることができるため、「大丈夫か自動運転」とちょっと心配に。
ただ、一番そこを重視しているのはシーメンスだと思われ(失敗すると失うものが大きい。新興企業であればともかくリスクを冒してまで名前を売る必要はなく、となると成功する自身があるのだと思われる)、そこは驚くような走りを見せてくれるのかもしれません。

ad423c0c-siemens-ford-mustang-goodwood-2

現時点ではスペックなど不明ですが、このマスタングはシーメンスとクランフィールド大学の研究メンバーとによって共同制作され、最新のセンサーを用いて「3Dマップ」を作成し、それに基づいて走行を行うようですね。

なお、室内には「もしも」のときに緊急停止できるボタンがあるとのことなので、自動運転とは言えども「念のため」人が乗ることになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フォード(FORD), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , , , ,