>ベントレー(Bentley)

ベントレーは来年で100周年。早くも創業者にちなんだ記念モデル「ミュルザンヌ W.O. エディション」発表

投稿日:

| ベントレーは2019年で”100周年” |

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてニューモデルを3つ持ち込む、と宣言していたベントレーですが、その内の一台、「ミュルザンヌ W.O. エディション・バイ・マリナー(Mulsanne W.O. Edition by Mulline)」を公開。
ベントレーは1919年、イギリスにてウォルター・オーウェン・ベントレーによって設立されています。
その後1931年にはロールスロイスに、さらに1998年にはフォルクスワーゲングループに吸収されて現在に至りますが、2019年で「100年」を迎える老舗メーカーでもありますね。

ミュルザンヌ W.O. エディション・バイ・マリナーの外観はこうなっている

ミュルザンヌ W.O. エディション・バイ・マリナーのボディカラーはブラック(オニキス)、そしてホイールもブラック。
ボンネットストリップやグリル、サイドのアクセントもクロームとなっており、伝統的な高級感が感じられる仕様。
これはウォルター・オーウェン・ベントレー氏が所有していたベントレーへのオマージュで、ホイールやサイドシルには「100周年」記念バッジが装着されている、とのこと。

なお、このミュルザンヌ W.O. エディション・バイ・マリナーの限定台数は100台とのことですが、エンジンは6.75リッターV8を搭載し、そしてこのV8エンジンについては「505馬力」もしくは「530馬力」が選択可能だそう。
後者の場合は0-100キロ加速が5.3秒となるなど、優れたパフォーマンスを発揮します。

こちらがベントレー創立者、ウォルター・オーウェン・ベントレー氏が所有していたとされるモデル。
たしかにホイールもブラックですね。

bentley-8-litre-exterior

ミュルザンヌ W.O. エディション・バイ・マリナーのインテリアはこうなっている

ミュルザンヌ W.O. エディション・バイ・マリナー最大の特徴は内装にあり、ウォルター・オーウェン・ベントレー氏が所有していたベントレーのフロント部をインレイとして再現したものをセンターアームレストに装飾として埋め込んでおり、ドリンククーラーもビルトイン。

bentley-mulsanne-wo-edition-by-mulliner (1)

W.O.ベントレーの刺繍入り。

bentley-mulsanne-wo-edition-by-mulliner (2)

こちらがW.O.ベントレー氏所有車の内装。
映画「タイタニック」の1シーンを思い出しますね。

bentley-8-litre-interior

あわせて読みたい、ベントレー・ミュルザンヌ関連投稿

ミュルザンヌはベントレーの中では「最高級」という位置づけとなっており、そのために過去にも様々な「豪華仕様」ミュルザンヌが登場。
とくに中東や中国では人気が高く、「純金」を使用したモデルも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ベントレー(Bentley)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.