ad-728





>アウディ(Audi) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

新型アウディTTのティーザー開始!アウディが公式動画をリリースする一方、TTSの画像がリーク

| 新型TTの変更は比較的小さい? |

アウディが自社のFacebookページにて、新型TTのティーザー画像をいくつか公開。
ボディカラーはオレンジ、(ホイールが大きく車高が低いので)グレードはTTSと思われますが、サイドステップが現行とは異なり、現行TT「S line」に似た形状に加え、下半分にブラックのアクセントが追加されているのがわかります。

なお、このブラックのアクセントは新型A1にも見られ、今後のアウディにおいてはひとつのトレンドになるのかもしれません。※テールランプ下にエアベントがあるのもわかる

アウディは現在デザインがどんどんアグレッシブに

TTの登場は欧州だと2014年、日本だと2015年。
モデルライフは8-9年と比較的長めであり、今回のフェイスリフトは「モデルライフ半ばのリフレッシュ」ということになります。

ただ、これまでのTTは専用のプラットフォームを用いていたものの、現行TT(8S)はフォルクスワーゲン・ゴルフやアウディA3と同じ「MQB」プラットフォームを持っており、そのためにモデルチェンジが容易、もしくはMQBプラットフォームのアップデートがあれば、それに合わせてTTもフルモデルチェンジするのが効率的で、現行TTはフルモデルチェンジもこれまでの世代に比べると「早め」かもしれませんね。

今回の変更については内外装のちょっとした変更に加えて内装のアップデートにとどまることになりそうですが、ベーシックモデルよりも「TTS」のほうが変化幅が大きそう。

↓こちらがアウディ公式のティーザー画像

新型アウディTTSの画像もリーク

そしてこちらが「オフィシャルフォト」と思われる画像。
解像度が荒いものの、はっきりと現行モデルとの差異がわかります。

tts5

こちらはインテリア。
ボディカラーにマッチしたアクセントが使用されていますね。

tts4[

フロントは現行TTRSよりアグレッシブ。
シルバーのアクセントを用いること、縦型インテークを採用するのは最近のアウディにおける一つのトレンドですね。

なお、フロントグリルのメッシュパターンは新しいデザインを持つようです。

tts3

リアバンパーにも縦スリット。
やはりシルバーのパーツがよりシャープに、そして先進的でソリッドな印象を与えます。

tts2

細部まではわからないものの、意外やヘッドライト/テールランプは現行と大きく変わらず?

tts

ちなみにこちらは現行アルディRS3。
TT”S”のデザインが”RS”シリーズに近づいていることがわかりますが、となると”RS”はより過激なデザインとなるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,